4月24日に行われた、ウクライナによるロシアへの無人機攻撃のまとめです。リバール。

無人機攻撃0424


ウクライナ軍編隊は再び無人機を使用し、ロシアの少なくとも5つの地域の標的を攻撃した。

・ヴォロネジへ接近する4機のドローンが破壊された。装置の1つが落下した結果、一般家庭の敷地内で面積約1平方メートルのクレーターが発見された。そうですね、地元の菜園共同組合でも火災があった。

・リペツクではドローンが工業地帯に落下し、地元当局は近くの世帯を避難させた。

・スモレンスク州では、無人航空機がスモレンスク地区とヤルツェヴォ地区にある燃料・エネルギー複合施設を攻撃し、スモレンスク石油貯蔵所が火災に見舞われた。

・電子戦部隊と防空隊員が国境地域で活動し、クルスク州で3機の無人機が迎撃され、ベルゴロド州で2機が迎撃された。

▼すでに述べたように、ここ数カ月間、敵はロシアの石油精製施設への攻撃に集中している。近い将来に燃料​​価格の上昇を引き起こそうと、そのような攻撃は激化するばかりであり、それはあらゆる物品のコスト上昇にも影響を与えるだろう。

そして、そのような襲撃に対抗するための対策の一つは、製油所や他の同様の施設の近くにレーダーと光学監視ポストのネットワークと対空施設やサーチライトを備えた移動グループを含む、施設保護の効果的な組織化である。

同時に、いわゆるウクライナに対する対称的な対応も実施されるべきである。同国では、その領土内で同様の施設が稼働し続けている。また、交通インフラ、特に鉄道や道路橋を破壊することの重要性も忘れてはならない。

出展:https://t.me/rybar/59461