Hara Blog

千葉県市川市の行徳でライブ活動を行っている、フォークシンガー原の日記です。公認将棋指導員として、子供たちの将棋の話題なども。

珈琲館マイセンライブ最後の日々

エビピラフ

フォークソングの定義

フォーライフ

「大きな会社に勤めることこそリスクだ」
最近よく耳にします。いきなり突拍子無くすみません。テクノロジーの発達で、これまでの基幹産業が溶けてゆくそうで。自分で考え稼ぐ力をつけることが大切と。どうなのでしょうね?私はアナログ人間なのでよくわからないのですが。業種にもよるでしょうね。
 
なぜその話かといえば、前の投稿でフォーライフレコードに触れたのでその続き。「半世紀近く前にそんな歌があったな」と思い出すのです。
ビートルズがアップルをつくり欧米では既に、自身の楽曲に付随する権利を自分で管理する流れがあった。日本もいずれそうなるはず・・・見える人には見えていたでしょう。ただ、実際に踏み切るのは大ごと。
フォーライフの出現で、確かに同様の現象が日本でも起こりました。しかし最初に飛び出した者への風当たりはことのほか強く、消耗が激しかった。大手が資本力を活かしながら変化に対応してゆく。大樹の下で余裕をもって構え時代を見極めるほうが賢い生き方かもしれない。
 
吉田拓郎さんがフォーライフ設立後に初めて出したアルバムのタイトル曲「明日に向って走れ」:
 
「流れる雲を追いかけながら 本当のことを話してみたい
 いつか失った怒りを胸に 別れを祝おう
 通りすがりに微笑みを持ち 一人である事を忘れた時
 ノアの箱舟が笑って消えた 誰のせいじゃなく
 もう君に逢うこともない 心はゆれても
 だから 明日に向って走れ こぶしを握りしめて」
 
(時代の向かう先を見つめ、あるべき姿を話すよ
 心を鬼にして、それを置き土産にしよう。
 愛想よく集団に埋没し、一人で生きることを放棄した時に
 生き残る道が絶たれるんだ、君自身のせいでね。)
 
最期にちゃぶ台を返すようですがこのレコード、フォーライフがどうのこうのよりも「ギブソンJ-45」というモデルに全国のギター少年たちの心を釘付けにしたジャケットが輝きを放ちます。理屈抜きに問答無用でカッコよかった。

メランコリー

引っ張って申し訳ないのですが「メランコリー」をまた別の視点で。
 
小室等・吉田拓郎・井上陽水・泉谷しげるがフォーライフレコードを設立したのが1975年。アーティストが制作から販売まで一貫して主導権を持とうとする当時としては画期的な出来事でしたが、76年末に出したクリスマスアルバムが不振で一気に会社は危機的な状況へ。丁度、メランコリーがヒットしていた時期のこと。
 
とにかく何かレコーディングして売らなければならないという苦肉の策で拓郎さんが、他の歌手に提供した楽曲のセルフカバーなどによる歌謡曲のカバーアルバムを制作。突貫工事の急ピッチのレコーディングだったそうですが、精神的にもキツかっただろうな〜と強く思います。つまり、アーティストを旧体制から解き放つために作った会社を救うために、旧体制に魂を売るような構図になってしまう。実際、そのような批判も飛びました。「商業主義の音楽業界を変えるはずが、商業主義に走っている」
 
ところがこの「ぷらいべえと」というアルバムが、売れた。オリコンチャート1位を記録。そして、現在では珍しくないJ-POPアーティストによる「カバーアルバム」企画は、実はこの時の拓郎さんが初めてでした。新鮮だったんですね。広く受け入れられた。「ぜんぶ結果論だよ」が拓郎さんの口癖ですがそれにしても、日本の音楽史上重要な意味を持つ先駆的なレコードとなりました。
 
「ぷらいべえと」には、梓みちよさんに提供した「メランコリー」も収められています。フォーライフという会社、つまりその従業員と家族たちの窮地を支えた13曲の中の1曲が「メランコリー」だったのだろうと思います。

乃木坂

2月8日(土)マイセンライブ

スパゲッティ・ナポリタン

それぞれのYesterday

半世紀

デルタ・フォーク

神田川 〜ただ貴方のやさしさが怖かった〜

めぐる季節の中で

1/25 珈琲館マイセンライブ

その先に、どんな世界が・・・

1月25日(土)はマイセンライブ

客席から見たマイセンライブ

料理が美味しい店

マイセンのコーヒー

(写真をクリックすると記事へ飛びます)


ライブ活動場所の紹介

「珈琲館マイセンライブ最後の日々」カテゴリ設置

Facebookページに投稿した記事を整理するため、あらたに「珈琲館マイセンライブ最後の日々」カテゴリを設置しました。Facebookページでは動画についてはライブラリでYouTubeのように一覧が作成されますが、記事に関してはブログのようにカテゴリ別の整理・陳列ができないため、ブログを本棚として利用するものです。

ライブ活動については今後はリンク先のページが主な発信源となります。写真左上のアイコンをクリックするとそちらへ飛びます。お店が無くなった後もマイセンライブに親しんでいただけると思いますので、アカウントお持ちの方はフォローいただけたら幸いです。どうぞよろしくお願いします。

===========================================

ライブスケジュール
行徳駅高架下 珈琲館マイセンライブ X月XX日(土)19:40〜22:00 3月28日(土)お休みです。 行徳駅前ストリートライブ 3月28日(土)13:00〜15:30。他出演者数組※雨天中止
行徳将棋クラブ

行徳将棋クラブ

Twitterアカウント
千葉県市川市の行徳将棋クラブを運営している原伸一です。ブログの更新情報をお届けしてゆきます。
最新コメント
Archives
Profile
ハラ

フォークシンガー原
(原 伸一)

1967年生。千葉県市川市の南部、行徳・妙典でアコースティックライブの主催等の活動を行っています。また、行徳公民館で小中学生の将棋教室を開いています。

ライブ情報は以下サイトにて。

http://gyotoku.livedoor.biz
市川市の学校給食のお米について考えるLINEグループ
市川市の学校給食のお米について考えるLINEグループをつくっています。経緯はカテゴリ別アーカイブの「市川市給食のお米問題」にて一連の記事をご参照ください。参加希望者は恐れ入りますが下記QRコードにて友だち申請ください。グループ招待します。(現在13名) 23c8cd86
メッセージ

名前
メール
本文
GSG5(行徳将棋ガールズ)
GSG(Gyotoku Shogi Girls)は、行徳将棋クラブの女子のこと。音楽も大好きで、2013年女子アマ団体戦で歌を歌ってベストパフォーマンス賞をいただきました。
人気将棋ブログ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ