Hara Blog

千葉県市川市の行徳でライブ活動を行っている、フォークシンガー原の日記です。公認将棋指導員として、子供たちの将棋の話題なども。

将棋教室

テーブルマークこども大会・東京大会2018

11月18日(日)、幕張メッセで行われたテーブルマーク杯に行って参りました。
今年もスゴイ。教室の子たちがどこに居るのか「ウォーリーを探せ」が、年々タイヘンになります。

テーブルマーク杯


最近は、市川のお年寄りたちの公民館サークルのことや小学生大会のことばかり考えてそちら側からの視点でものを見ていたので、久しぶりにこの場に立って新鮮に見えました。別世界ですね。うまくゆかないはずです。

何かと言うと、子供は市民大会から出て行ってほしいと思うに至る人々の心理。
「子供向けのイベントは一杯あるじゃないか。ワシらに楽しみを少しでも多くくれんか」
・・・そんな心の狭い人間はつまらんと言い飛ばす気にはなれないんです。むしろ市民大会の運営状況を見ていると、それこそが真実に感じられてくる。

市民大会に出てくる子供たちを
「ワシらのせがれ」
と感じてくれるようなら、それはなくなるだろう。それってどういうことなのかな?というのは、ここ最近考えていたことでした。答えは見つかっていません。
子供将棋の世界と、生涯学習のお年寄りたちの世界が、日頃交わるところが少ないのが課題なのだろう。

決勝トーナメントに進んだメンバーがいずれも先週の市民大会に出ていた子たちだったので、いっそう強く感じました。彼らにとり良い練習の場を与えてくれたと思います。市民大会で良い経験を得た子供たちが大きな大会で活躍しましたということを、市川の将棋愛好家の皆様に報告したいと思います。

決勝トーナメント

U-18将棋スタジアム2018 12月22日(土)

おはようございます。今日はテーブルマーク杯東京大会。参加するみなさんの健闘を祈ります。そして何より、一日楽しんでください。

年の最後の大会、U-18将棋スタジアムのご案内をしておきます。今日の大会中、会場や移動中にご覧になって親子で参加ご検討されてはいかがでしょう。ホームページからの申し込みは日本将棋連盟のこちらサイトから。
各クラス定員100名となっていますが私の経験上は「申し込んだが出られなかった」というケースは、行徳将棋クラブでは過去にはありません。ただ、なにしろこのクリスマスの土曜日に将棋を指しに行こうという子たちですので、傾向としてはレベルが高い印象はあります。でも都合がつく子はぜひチャレンジしてみてください。

U18将棋スタジアム表

U18将棋スタジアム裏

11月17日(土)将棋教室の風景

11月17日(土)は、行徳公民館第2和室で行徳将棋クラブ活動でした。参加10名。

教室風景


幸祭り今日は行徳や江戸川区の小学校では文化祭やオープンスクールですね。

楽しい一日を過ごせたでしょうか。明日はテーブルマーク杯なので、参加者の保護者の方々は連日イベントで大変でしょう。お疲れ様です。

私を知る人々には「おーっ!」と画期的な出来事ですが、PHSのガラケーしか持たなかった私が「ガラケー+タブレット」に変更。更新月なのでショップで相談したところ、この組み合わせなら今とほぼ同じ月額料金とのことで採用しました。


タブレット棋戦のタイトル戦のときにこれで中継を見ながら飲み屋で観戦会というのもいいかもしれない。など、思ったりしています。

その前に、使い方の練習。ワカラン。悪戦苦闘中。

11月17日(土)将棋教室の確認

11月17日(土)将棋教室の確認です。

行徳公民館第2和室にて、10〜12時に活動を行います。
※初めての方もどうぞお気軽にお越しください。事前連絡不要です。

※第3土曜日ですが、今月は七中はありません。場所は行徳公民館ですので、ご注意ください。

今後の予定:

11月17日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
11月24日(土):10-12時 行徳公民館第2和室

12月 1日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
12月 8日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
12月15日(土):9:30-11:30 七中にて行われる七中ブロックコミュニティークラブ「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加。
12月22日(土):10-12時 行徳公民館第2和室


上記すべて無料です。

運命の12月1日

と、いう訳でやって来ました行徳文化ホールI&I。ここの大会議室が第一希望。

はい、普通に抽選に申し込みました。抽選日は12月1日。
ただ、希望日の3月10日(日)には今のところ他団体の申し込みはないとのこと。このままいってほしいところです。
市川市の各種団体の皆様、将棋をがんばっている子供たちのために、なにとぞ、なにとぞ、お計らいのほどを。

行徳文化ホール


市民会館の市民将棋大会は3つの部屋に分かれて対局が行われましたが、行徳I&Iの大会議室はその3つを合わせたに近いキャパがあります。行徳でやりたいというのは別にしても、機能的にもここがベスト。

ところが、大問題発覚。事前に確認して全日使用料金16,650円を予定していたのですが、何と参加料をとるイベントはその倍額ですと。ガビ〜ン!

と、ここで。金額まで追いながら当ブログを読んでくださっている方は飛び上がったことでしょうが、市民大会の記事で報告した通り、親子のみなさんたちのがんばりで1万5千円ほど募金が多く集まっています。おかげで大丈夫。みなさん神がかっていますね。というか、元々私のミスなんですけど(汗)。

で、ミスが次々と発覚する訳ですが、マイク装置も有料なんですと。午後からだけ使うとしても5千円近くかかる。ガビ〜ン!!
仕方がないので自分が持っている音楽用のアンプを持っていくか。将棋大会にマーシャルのアンプ持ち込むとか、前代未聞だろうか。

さあ、ほかの条件はすべて整ったものの、輝ける大会にふさわしい会場がとれるかどうか。運命は12月1日。

七転八倒

小学生将棋大会への後援を申請するため、市教育委員会の入る南八幡仮設庁舎へ。広い2階建てのプレハブ建屋。

南八幡仮庁舎


会場と日取りを確定させなければいけないのですが、市の施設は普通にとると3か月前からしか予約できません。ただ、その3か月前の応当日には各団体が待ち構えている。なので、例えば市民将棋大会は市の文化祭行事として前もって市が押さえてくれます。
同じようにしてくれないかボランティア・NPO課に相談したところ「後援事業などに限られる。教育委員会の後援をとるのでしたら教育委員会へ」と言われました。

「書類はこれでよいのですが、開催時間は?」
「予定している場所がとれるかどうかによります」
「決まってから出していただくものなのですが」
「決めるために後援をお願いしに来たのですが」
結局、教育委員会は会場の事前予約という業務は一切行っていないことがわかりました。ふぅ〜

文化振興課のほうもやはり「後援申請は日時と場所が決まってから」。市民将棋大会は愛好会連盟との「共催」なので、市の行事でもあるからやってくれる訳ですね。

どーすればいいんだこれ。七転び八起きならいいんですが、倒れっぱなし。

行徳将棋クラブ少人数クラス希望者は17日にぜひご参加を

現在お話を進めさせていただいている少人数クラス第2チームですが、お願いしている生徒さんが引き受けてくれそうです。お話をしたいので、ご都合よろしければ17日(土)午前教室にぜひご参加ください。

また、浦安の高校生で可能な生徒さんがあり、浦安組も来ていただけたらありがたいです。東西線の浦安駅付近で場所さえあれば、そこでやっていただけたら私が途中下車して寄ることができるのですが。ご相談させていただき、いろいろ可能性探りたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

市民将棋大会で考えたこと

市民将棋大会でいただいた募金、早速こども将棋連盟の口座に入れました。

募金


さて、会場で参加者や事務局の方と話していて感じたこと諸々。

「ブログ読んでます。募金はどこでできますか?」と度々お声かけいただきました。過去記事のとおり私は必ずしもどんな大会でもつくればいいとは考えてはいないのですが、起きている課題を知っていただき何かしら考えを持ってくださったことに関しては、素直にありがとうございます。問題提起をしてきた甲斐があったと嬉しく思いました。

「子供大会が出来るなら子供はみんなそっちに行ってくれないか」という声もあると聞きました。
確かに、市内の大人の将棋サークル6団体で構成される愛好会連盟による運営の大会で、運営も大変ですから、せっかくなら日頃一緒に練習している仲間たちが良い成績が得られるよう、伸び盛りの強い子供たち含めこの機会にそちらでというのは、心情的に解ります。もし愛好会連盟の皆様の話し合いで「小学生は市民大会から除く」のであれば、私は口出しできません。
ひとつポイントになるのは「市川市の将棋教室に通う市外の小学生」の扱い。市民大会は文化祭ということでユルくなっていますが、新設される市川市小学生将棋大会は市内の小学生への教育効果を目的としますので、市外小学生は参加できません。
従い、仮に市民大会から小学生をすべて切り離した場合に「市川市の将棋教室に通う市外の小学生」はどちらへも出られなくなります(傾向としては、この子たちこそ強い子たち)。それを念頭に、ご検討いただけたらという立場です。
尚、同様に、昨年までDクラスに出ていた「中学生以上の初級者の参加枠」もなくなった状況ではあります。良い練習場所だったかもしれませんが、会場の建て替え等あり時の流れでやむを得なかったと思います。

それにしても市民将棋大会の運営は、大変になってきているとのこと。運営スタッフの皆様の年齢が上がっている。新しい会場は椅子の数も限られていますね。スタッフの方々の立っている時間が長い。それだけでも大変ですが、運搬もある。
話が飛び恐縮ですが、年金支給開始年齢の引き上げの流れの中で、就労年齢が上がっている。60歳から65歳になり、さらに68歳?という話もちらほら。やがて70歳になってゆきそう。いっぽうで、地域の行事をボランティアで支えてきたのはこれまで、定年退職後の60代の元気で時間的余裕を持った人たちではないでしょうか。実際、市川の将棋サークルでも、日頃の活動に来れる人が減ったといいます。就労年齢を引き上げておきながら「ボランティアの推進」を言う行政は、矛盾しているように見える。

若い世代のボランティアへの参加が期待されていますが、安易に就労世代の時間をタダで使おうとすることには私は反対しています。もし「若いお父さんお母さんたちに声をかけて何人かお手伝いいただけないか」と頼まれたら、私は断固、断るでしょう。ダラダラとそれをやっていては、新しい時代への移行が遅れるだけなので。

年金をもらいながら地域ボランティアをしてくれていた人々をそこから剥がし仕事をさせ、そのボランティアがやってくれていたことを仕事をしている人にやらせる。おかしい。

新しい時代とは、例えば「ライザップと伊那市の取り組みを将棋で」で書いたようなものを私は理想としているのですが、他にも色々あるでしょう。いずれにしてもすぐには無理でしょうね。私としては、状況を見守るしかありません。

私の管轄については、今よりはマシな形で目先シノぎます。小学生大会は、手合い係の日当を市が認めてくれました。自画自賛で恐縮ですが、画期的だと思います。ただあくまで外部委託であって、運営メンバーは無銭。それでは継続可能な形ではない。課題を抱えてはいます。

第25回市川市民将棋大会 〜募金額目標達成・小学生大会開催へ〜

11月11日(日)は、市川市八幡市民会館にて行われた市川市民将棋大会へ行って参りました。

第25回の節目。今回は、実質「子供の部」となっていたDクラスが廃止されました。にもかかわらず参加者は約180名で会場キャパいっぱい。

市川市民将棋大会


開会式冒頭から繰り返し、Dクラスは分かれて来年3月に小学生大会として別途開催予定と紹介されました。私へもマイクを回していただき、これまでの募金活動の紹介とお願いをさせていただきました。

今回も熱戦が繰り広げられました。参加した教室の5級以上の生徒たちも、とてもよくがんばったと思います。スイス式得点で残念ながら3位以上はなかったのですが、4勝1杯の成績上位者はAクラス(有段者)扇谷佑磨くん(渋幕中)小澤瑛くん(新浜小)、Bクラス(1・2級)市川栄児くん(稲荷木小)水野翔太くん(富美浜小)。収穫だったのは、Cクラス(3〜5級)に参加した中級クラスの子たちがそろって3勝2敗と大健闘してくれたこと。この層の子たちのレベルアップは、教室全体に良い影響を与えてくれると思います。

他の子たちにも知ってほしい勉強になった対局がありまして、たまたま行徳教室関連の生徒たちがあたった対局の終盤。「どうしたらいいですか」と言うので見たところ、相入玉となっており自陣にはまだ駒が残っている。ただ、駒数でどちらが優勢かはハッキリしている状態。
「キミが投了するならここで終了。投了しないなら、駒を守りながら前へ進めて成り駒にして固めることを最後までやる。いっぽうキミ(相手)は、とれるだけ駒をとる。互いに明らかにタダでとれる駒がなくなったら、そこで点数計算」
と伝えたところ、黙々と指し始め運営の方に苦笑いされてしまったという(笑)。でも、指しているうちに優勢な方がポカして大駒が入るかもしれませんし。最後まであきらめない精神は立派です。
しかし「切れ負けルールの大会ではどうなんだろう?」と私もふと疑問に思い後で調べてみたところ、大会によっては「入玉将棋の宣言法」というのを設定しているようです。日本将棋連盟HPのこちらサイトの7番をご参照ください。

さて、募金活動は、この日がグランドフィナーレでした。

参加した子供さんとお母さんたちが募金箱を持って昼食時間や空き時間に会場になっている3つの部屋を「募金おねがいしま〜す」と練り歩いてくれたのですが、これが効果絶大で、スタスタと箱にお金が。何も言わないのにやってくれたことを、念のため強調しておきます。私が女性と子供を使ってやらせてたら相当エグいなと、呆然と見ておりました。

金額が大きいので私が不正しないよう、最後に箱を開けて子供さんお母さんたちと数えました。下は証拠写真。

募金


18,245円の募金をいただきました。
この日の目標3,220円(市に提出してある予算書までの差額)を大きく上回ったばかりか・・・

これで、募金総額が98,970円となりました。
当ブログの本件に関する記事を追っていただいている方は覚えていることでしょう。市への申請がまったく削られなかったことにより募金額が8万4千円ほどでよくなったのは途中で発生した事態でして、当初目標は10万円でした。ほぼドンピシャリ、その10万円へ到達です。

小学生将棋大会への思いを届けてくださった皆様、おめでとうございます。日程と会場が確定するのに1か月ほど要しそうですが、開催へ向け具体的に動き出すことになりました。

11月10日(土)将棋教室の風景

11月10日(土)午前は、行徳公民館第2和室にて行徳将棋クラブ活動でした。参加20名。

教室風景


妙典駅前将棋の最後のほうから参加のN様、来週お越しいただくか当ブログのメッセージフォームよりご連絡いただけましたらありがたいです。現在、平日少人数クラスの2チーム目設定へ向け進めているところです。

卒業生のお宅へ連絡してご検討依頼しているところですが、二人目が見つかるかどうか。
実は、あと2年するとかなり棋力ある大学生が出てくるところでして、この企画はちょっとフライング気味のスタートになっています。現在の高2はもうすぐ受験の年になってしまいますので、高1の世代が可能ならという状況。困ったことにみなさん成績が良すぎて、上の大学を目指すでしょうから時間をとるのが邪魔にならないようにはしたい苦しいところ。将棋をとったら何も残らない将棋バカが適度に居てくれるとありがたいのですが。

しかし、将棋は強いのに学校の勉強は全然ダメという子がいたらたぶん、将棋ばかりして勉強してないだけなのでしょうけど(笑)。

11月10日(土)将棋教室の確認

11月10日(土)将棋教室の確認です。

行徳公民館第2和室にて、10〜12時に活動を行います。
※初めての方もどうぞお気軽にお越しください。事前連絡不要です。

今後の予定:

11月10日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
11月17日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
11月24日(土):10-12時 行徳公民館第2和室

12月 1日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
12月 8日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
12月15日(土):9:30-11:30 七中にて行われる七中ブロックコミュニティークラブ「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加。
12月22日(土):10-12時 行徳公民館第2和室


上記すべて無料です。

平日の自主運営教室 試運転開始

将棋教室は怒涛の展開で、先日いちどご案内した平日の少人数クラスの試運転に入るところです。

土曜教室ですが、子供が10人20人集まるとどうなるかご想像いただけると思いますが、放置するとそれぞれに遊び始めて収拾がつかなくなります。従い全体管理が最も骨の折れる作業になりますが、それを私がやると子供たちに教える人が居ません。逆に私が教えるほうに回ると、私の目の前の何人かはちゃんと将棋指しますが残りはてんやわんや。

そこで、3〜4人のチームを組んで外部講師を呼び、保護者が交代で公民館の鍵当番を行い運営する週1回(月4〜5回)の平日クラスを設置してみます。

行徳公民館会議室


現在1チーム目(4名+講師)が組まれスタートするところ。先日祭りの際、別の2家族からご要望ありましたので、あと1〜2家族からご要望をいただければ2チーム目を設定に入ります。尚、曜日や時間帯、条件についてはチームごとに話し合いとなります。また保護者が鍵当番を出来ない子を受け入れるかどうかも相性の問題もありますので、これも話し合いの上。

実は5〜6年前、当時熱心な子供たちがそろっていたため、表にまったく出さずに土曜教室とは別の日に時間帯を分けて少人数教室を私自身が行ったことがありました。そこの子たちは大会でも活躍し好成績をおさめてくれました。
しかし、私が長期安定してそれを継続できないのが苦しいところです。

また、首都圏のスクール関係者の方が見ておられたらご理解いただきたいのですが、将棋に価値を認め「電車に乗ってでも習い事並みのお金払ってでも将棋に行かせる」というご家庭の子たちは、上記のようなものがあるなしに関わらず行徳から出てスクールに通います。従い、これが皆様の事業の妨げになることはないはずです。
問題は、兄弟構成により1人だけそのようにできなかったり「そこまでは考えられないが近場で教えてくれる所があればぜひ」という層が確実に一定数存在していて、環境に関わらず子供たちは強くなりたい。そこをどのようにフォローするかが私たちの課題です。

第13回妙典祭り 将棋コーナーは大盛況

11月4日(日)妙典祭り、一部のプログラムが雨で中止となりましたが、無事開催されました。

妙典センタービル1F工事中のマツモトキヨシ前で行われた将棋コーナーは来場客が途切れることが無く、満席状態がずっと続くほどの大盛況でした。
新しい発見だったのは、何人かの教室の子供たちがまったく初めての子に教えるのがとても上手なこと。駒の動き方を大きなプレートで準備してきてくれていました。また「中で将棋をやっているというのが外から解りにくい」という課題を見つけ、入り口に立ったり会場を練り歩いたりして「将棋をやりませんか〜?」と呼び込みをしてくれる子たちもありました。

妙典祭り1


妙典祭り2親子のみなさんでつくってくれた貼り紙や飾りのステキなこと。

募金箱も力作です。「ロボットをつくった」と聞いていたので何に使うのかな?と思っていたのですが、募金箱を抱いてお願いする役ですね。なるほど、ただ置いてあるだけより気持ちがほっこりします。

これらすべて、集まって「こういうものを作ろう」と打ち合わせしたわけではなく、各自「これがあったらいい。これが必要」というのを考えて準備してきてくれたもの。

この日の募金総額は、6,274円でした。
その結果、予算まであと3,220円となっており、来週の市川市民将棋大会でこれを埋めにゆくことになります。まるで脚本でもあるかのようなドラマチックな展開となっています。

行徳将棋クラブの親子の皆様、ご来場いただいた皆様、祭り将棋大成功でした。お疲れ様でした。

11月3日(土)将棋教室の風景

11月3(土)は、押切自治会館で行徳将棋クラブの活動でした。参加12名。

教室風景


行徳新聞に明日の妙典祭りの記事が出ていたと親子のみなさん話題にしていらっしゃいました。「はじめての将棋教室」と紹介されていますが、どういったレベルの方でもオッケーです。一日楽しく、指せる場になればと思います。さあどうなることやら。
当番の割り当てがない行徳将棋クラブの子供たちも、もちろんいつでもどうぞ。祭りの雰囲気の中で楽しんでください。

行徳新聞

11月3日(土)将棋教室の確認 場所は押切自治会館

11月3日(土)将棋教室の確認です。

押切自治会館にて、10〜12時に活動を行います。
行徳公民館は祝日で休館となっています。ご注意ください。
※専用駐車場がありませんので、恐れ入りますがお車の方は周辺のコインパーキングをご利用ください。
※初めての方もどうぞお気軽にお越しください。事前連絡不要です。

今後の予定:

11月 3日(土):10-12時 押切自治会館
11月10日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
11月17日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
11月24日(土):10-12時 行徳公民館第2和室

12月 1日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
12月 8日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
12月15日(土):9:30-11:30 七中にて行われる七中ブロックコミュニティークラブ「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加。
12月22日(土):10-12時 行徳公民館第2和室


上記すべて無料です。

市川市小学生将棋大会告知の下絵決定

市川市小学生将棋大会の告知に使用する絵を、新浜小学校卒業生の小澤創(はじめ)くん(現在第七中学校1年生)が描いてくれました。力作です。日付や会場が確定したら上下の空と海のスペースに挿入しますが、まずは下絵決定のご紹介をさせていただきます。素晴らしい作品をありがとうございました。

帆に書かれた駒の配置を見てお気づきになりますでしょうか?
そう、「舟囲い」なんです。盤上とはまた違ったリアルな迫力を感じます。

帆船

行徳将棋クラブの親子と将棋を指そう 11月4日(日)妙典祭り

WORDの可能性を試してみようとWORDテンプレートを使い作成してみましたが、ちょっとバランス悪し。でもまぁいいや。必要十分だろう。

妙典祭りで将棋を指そう

10月27日(土)将棋教室の風景

10月27日(土)午前は、押切自治会館にて行徳将棋クラブの活動でした。参加約20名。

教室風景


ハロウィン企画の楽しそうなお話も聞こえました。明日は行徳祭り&行徳ハロウィンで行徳駅周辺は賑やかになることでしょう。天気もよさそうですね。

そして翌週は妙典祭り。「行徳将棋クラブの親子と将棋を指そう」を行います。コナミスポーツクラブ妙典のビルの1Fマツモトキヨシの前にて。必要に駆られやることになったとはいえ、新しい試みは楽しみでもあります。

10月27日(土)将棋教室の確認 場所は押切自治会館

10月27日(土)将棋教室の確認です。

押切自治会館にて、10〜12時に活動を行います。
行徳公民館は文化祭のため通常使用はできなくなっています。ご注意ください。
※場所は押切自治会館です。専用駐車場がありませんので、恐れ入りますがお車の方は周辺のコインパーキングをご利用ください。
※初めての方もどうぞお気軽にお越しください。事前連絡不要です。

今後の予定:

10月27日(土):10-12時 押切自治会館


11月 3日(土):10-12時 押切自治会館
11月10日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
11月17日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
11月24日(土):10-12時 行徳公民館第2和室



上記すべて無料です。

市川市民大会 5級以上の子は参加できます

11月11日(日)の市川市民将棋大会について事務局の方と話をしたところ、子供の申し込みが少なくかなり空きがあるとのことです。地域新聞やコミュニティー誌に子供の大会が分かれる予定と掲載されたので「小学生は参加できない」と勘違いされているのだろうとのこと。

あるいは、秋は何かと行事が多いので「別時期に子供大会が出来るなら市内大会はそれだけにしよう」みたいな感じもあるかもしれませんね。

Dクラス(6級以下)は廃止されましたが、5級以上ならば年齢にかかわらず参加できます。市川市内で将棋5級以上の子供さんのあるご家庭のみなさま、今からでもぜひご参加ご検討ください。どうぞよろしくお願いします。連絡先はこちらサイトの18番です。

全日警ホール

イベント妙典祭り

妙典祭りは、神社系は一切関係なく純粋なイベントとのことです。

と一応お伝えするのですが、ピンとこない人は「あ、そう」で結構です。むしろみなさんそうあってほしいものです。

神社系が絡むということは、深く考えずに祭りは楽しんだらよいのですが、神道系ですので突き詰めると思想的には保守。ただ反対側と見られる共産党さんも政教分離で「信仰の自由を認めた上でのあくまで政治の団体」なので否定はしないと理解しています。実際には、地域にもよるでしょうが自民党さん支持者たちがメインで仕切っている祭りの場合は、地域の人々の交流の場は何であれよきものと理解はしつつも、心の底から喜んで参加という気分にはなれないのかもしれませんが。

「ふーん、そういうの気にする人も居るんだな」くらいで流していただければと思います。今年は神輿が例年より多く出るので、念のため。新しく移り住んだ人々に妙典の歴史を知ってもらうことと、祭りの盛り上げが趣旨と理解してよいのではないでしょうか。

妙典祭りプログラム、ありがたや。「行徳将棋クラブの親子と将棋を指そう!」とかドーンと書かれてしまうとプレッシャーでしたが、右上のほうにちっちゃく「10:00〜模擬店・遊び」とあります。この「遊び」の中に入っているということですね。ほかには、例年はイオンさんが子供向けの遊びコーナーを設置されています。

妙典祭りプログラム


尚、ブースを出せる団体には制約あり誰でもは出せません。行徳将棋クラブが今回出せるのは「妙典の子供たちが妙典駅前で将棋をがんばってきた」から。白妙公園に通った子供たちのおかげで認められたものであることを、付け加えておきます。

募金、9494円の未達 〜くよくよするなよ〜

6月より4か月半続けました駅前将棋に参加いただいたみなさま、お疲れ様でした。

募金の状況ですが、合計74,451円となっています。
市に提出した予算では寄付金収入が83,945円で、9,494円の未達。

募金


この9,494円を、11月4日の妙典祭りと11日の市川市民大会で埋めにゆくのが現在の目標となっています。

9494(くよくよ)という数字が何とも言えず味がありますね(笑)。
まったく関係ありませんが、ボブ・ディランの歌に「くよくよするなよ(Don't Think Twice It's All Right)」というのがあり、中学生の頃に大好きでよく聴きました。



It ain’t no use to sit and wonder why, babe
(座り込んで悩んだってどうにもならないさ、君)
If’n you don’t know by now
(今までわからなかったのなら)
And it ain’t no use to sit and wonder why, babe
(座り込んで悩んだってどうにもならないさ、君)
It’ll never do some how
(とうしたってわからないことなら)
When your rooster crows at the break a dawn
(雄鶏が夜明けに鳴くときに)
Look out your window and I’ll be gone
(窓の外を見なよ。僕はもう居ない)
You’re the reason I’m a travling on
(君のせいで僕は旅をしなきゃいけない)
But don’t think twice, it’s all right
(でもくよくよするなよ。これでいいのさ)

And it ain’t no use in turnin’ on your light, babe
(明かりをつけたって無駄なことさ、君)
The light I never knowed
(僕には明かりなんて関係ないもの)
An’ it ain’t no use in turnin’ on your light, babe
(明かりをつけたって無駄なことさ、君)
I’m on the dark side of the road
(僕は道の暗いほうに居る人だから)
But I wish there was somethin’ you would do or say
(だけど君に何かしたり言ったりしてほしかった)
To try and make me change my mind and stay
(僕の心が変わってここに居られるように)
But we never did too much talkin’ anyway
(でも僕らはどうしても深い話はしたがらなかったよね)
But don’t think twice, it’s all right
(くよくよするなよ。これでいいのさ)

So it ain’t no use in callin’ out my name, gal
(僕の名を呼んでも無駄なことさ、娘さん)
Like you never done before
(前にしなかったことをしたって)
And it ain’t no use in callin’ out my name, gal
(僕の名を呼んでも無駄なことさ、娘さん)
I can’t hear you anymore
(僕はもう君の声を聴くことはできない)
I’m a-thinkin’ and a-wond’rin’ wallkin’ down the road
(僕は思考しさまよいながら道を歩き進んでいる)
I once loved a woman, a child I am told
(昔ある女性を愛したとき、子供ねって言われたさ)
I gave her my heart but she wanted my soul
(僕は彼女に心をあげたが、彼女は僕の魂が欲しかった)
But don’t think twice, it’s all right
(でも、くよくよするなよ。これでいいのさ)

So long, honey babe
(それじゃあな、可愛い君)
Where I’m bound, I can’t tell
(僕がどこに向かっているのかは、言えやしない)
But goodbye is too good a word, babe
(さよならなんて、僕にはもったいない言葉さ、君)
So I’ll just say fare thee well
(まったく傷ついちゃいないとだけ言っておくよ)
I ain’t a sayin’ you treated me unkind
(君に不親切に扱われたなんて言うつもりはない)
You could of done better but I don’t mind
(もうすこし良くして欲しかったが、気にしちゃいない)
You just kind of wasted my precious time
(僕の貴重な時間を君が浪費させたってところさ)
But don’t think twice, it’s all right
(でも、くよくよするなよ。これでいいのさ)

10月20日(土)将棋教室の風景 〜オセロ、来るか!?〜

10月20日午前は、七中で行われた七中ブロックコミュニティークラブ「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加しました。

七中ブロックの最大人数を占める行徳小が本日は運動会で、将棋トーナメント参加者は8名。早く終わったので、コミュニティークラブの方の提案で将棋に出た子たちでオセロトーナメントをやりました。これが盛り上がり、楽しかったです。強い弱いがなくみな対等で、この場はこんな感じで楽しめたらいいという本来の理想形になった感じがしました。

オセロ


オセロの世界選手権で11歳の福地啓介くんが優勝して話題になっていますね。ミュージシャン系ではX-JapanのYoshikiさんやGACKTさんがオセロ強いと言われており、そのあたりの有名人も巻き込んでメディアが主導しプロモーションしたら流行るかもしれません。囲碁や将棋と違い誰でもわかるのがオセロの強み。
そうなったら七中教室は脚光を浴びるかも(笑)。定期的に小学生が集まってオセロトーナメントを実施しているところって、日本中探してもそんなにないと思う。「プロっぽい子とか来るようになったらどうしよう」など、ボランティアの方から冗談が漏れていました。

10月20日(土)将棋教室の確認 七中です

10月20日(土)将棋教室の確認です。

七中(行徳公民館の隣)にて行われる「囲碁将棋オセロ教室」に参加します。時間は9時半から。10時よりトーナメントとなりますので、参加者は10時までに来てください。
※公民館駐車場は使用できません。ご注意ください。
※初めての方もどうぞお気軽にお越しください。事前連絡不要です。

今後の予定:

10月20日(土):9:30-11:30 七中にて行われる「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
10月27日(土):10-12時 押切自治会館


11月 3日(土):10-12時 押切自治会館
11月10日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
11月17日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
11月24日(土):10-12時 行徳公民館第2和室



上記すべて無料です。

10月13日(土)将棋教室の風景

10月13日(土)午前は、押切自治会館で行徳将棋クラブ活動でした。参加14名。

教室風景


先日から右四間を使う何人かの子と課題になっている局面があり、いまだ未解決。

課題局面


右四間の教科書を見ると後手1一香型の場合は▲2五桂と飛ばれたときに△2四角と逃げると▲4五歩から仕掛けられ香車とられてしまうので後手悪いとなっていてその後の展開は載っていない。のですが、数手後に次の局面に進んだ場合なんですよねぇ〜(上図より▲1一角成△4六歩▲4四香△同飛▲同馬△4二香)。

数手後


以下、馬が逃げると△4七銀もしくは△4七歩成▲同金△4六歩。
私が後手で、子供に気持ちよく勝ってもらおうと何気にエイと飛車を切っていったのが最初だったのですが、どうも紛れて気持ち良く勝たせてあげられない。

この定跡ってあるんでしょうか? ご存知の方がありましたら教えていただけるとありがたいです。あるいは、この順でよいからここから勝ち切るということになるのかですね。

10月13日(土)将棋教室の確認 場所は押切自治会館

10月13日(土)将棋教室の確認です。

行徳公民館第2和室にて、10〜12時に活動を行います。
(追記:上記、押切自治会館の誤りでした。大変失礼しました)
※場所は押切自治会館です。専用駐車場がありませんので、恐れ入りますがお車の方は周辺のコインパーキングをご利用ください。
※初めての方もどうぞお気軽にお越しください。事前連絡不要です。

今後の予定:

10月13日(土):10-12時 押切自治会館
10月20日(土):9:30-11:30 七中にて行われる「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
10月27日(土):10-12時 押切自治会館


11月 3日(土):10-12時 押切自治会館
11月10日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
11月17日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
11月24日(土):10-12時 行徳公民館第2和室



上記すべて無料です。

市川よみうりは断定 が、しかし・・・

このような場面に小学生で直面できる機会は滅多にないことでしょう。いい経験になると思います。

新聞って、まだちゃんと確定していないことを決まったように書くんですよね。なぜか。
よく政治の世界で「解散総選挙もありうる」みたいなことをエライ人がポロッとこぼすと、決まったような表現で新聞が書き立てます。
これってなぜなのでしょうね。ほぼそうなりそうな場合に曖昧表現に留めてしまうと、他紙に後れをとる形になる可能性があるからですかね? つまりある事柄の近い将来のことについて、A紙が「そうなりそう」、B紙が「そうなる」と書いた場合。B紙のほうが情報の精度が高かったことになります。

さて、小学生将棋大会。リリースの際ちゃんと「予定」と言っているはずで、コミュニティーペーパーの行徳新聞はちゃんと「予定」と書いてくれているのですが。

市川よみうり・・・断定してやんの。

市川よみうり


新聞に載ってしまった将棋大会がしかし本当に実現するかどうかは、駅前将棋の募金活動に参加してくれている数名の小学生たちのがんばりにかかっているって、これスゴクない?

さーどうなるんだろう? 私にもサッパリわかりません。

盤上の花火 Vol 2

渋谷教育学園幕張中高の文化祭「槐(えんじゅ)祭」へ行った子から、
「2冊もらってきました。1冊先生にあげます」
と、渋幕将棋部の部誌をもらいました。先月のこと。もしかして「行徳から」と言ったら「原先生に」と余分にくれたのでしょうか。ありがとうございます。

盤上の花火


昨年が初めての試みで、今年はVol 2。「盤上の花火」というのは夏の終わりにふさわしい(毎年夏休み明けの週末に開催される)タイトル。サブタイトルの「穴熊に潜り続けて過ぎた夏」は、編集責任者であろう中学部長くんの世界観を象徴していて印象深いです。将棋に関しては天才肌という訳ではないので努力で補うべく、穴に潜るように研究に没頭したことでしょう。

著者が6人あり、ペンネームで表記されていますが3名が行徳将棋クラブ出身の生徒ですね。「へぇ〜そうなんだ」「おう、そうかそうか」みたいな感じで、久しぶりに会って話しているような気持ちで楽しんで読ませていただきました。

中学部長くんの自戦記穴熊2局はとても味わい深いです。昨年教室に来てくれたときに、中盤までスゴク上手に指すのに詰みを逃すので「もったいない。試合でそれやったら泣くに泣けないぞ」と話したんですよね。自分の終盤の弱さをカバーするための穴熊研究だったのだと思いますが、それを乗り越え終盤の強さを生かす、一手差を勝ち切るための穴熊にまで仕上げていってほしいです。ガンバレ!

新浜小先輩の「将棋用語和英辞典」、新鮮な視点で素晴らしい! 世界の人々が将棋に興味をもつようになりつつある現在、日本の将棋ファンも将棋用語の英訳を知っておこうよという呼びかけを「日本人に対して」やったのはキミが初めてかもしれない。
実は、行徳将棋クラブに何度か来てくれたこともあるヨーロッパ将棋普及で中心になっているボイチェックさんが、この夏もスーさん宅に泊まっていたんです。会わせてあげたらよかった、残念。行徳はスーさん&原の外国部学部出身ペアで、海外普及のベース基地としてはアマ棋界最強の布陣。応援するぞ。世界を目指してくれ!

中飛車くんの相中飛車ハメ手への対応、ジワッときました。市川市民大会でこの戦法に負けてしまい、終わってからお弁当の時間に話したのをよく覚えています。ちゃんと覚えていてこれを研究テーマにしてくれたのですね。
その時に検討したよりもさらに深く研究を深めてくれています。この戦局について掘り下げた資料としては、棋界でも貴重なものではないでしょうか。そして、最終的にこれが個人的には最善とキミがした順がキミらしい。そうだよね、歩損より形の良さを優先。美しい将棋を乱す奴が許せねぇ。キミはそうあってほしい。

渋幕中・高ともに千葉県代表。渋幕中東日本大会3位、渋幕高全国大会ベスト16。おめでとうございます。千葉県を代表する選手たちを、行徳将棋クラブから送り出せたことを誇りに思います。

10月6日(土)将棋教室の風景 来週は押切自治会館

10月6日(土)午前は、行徳公民館第2和室で行徳将棋クラブの活動でした。参加18名。

教室風景


忘れ物水筒の忘れ物あり。名前が書いてあり、あっと気づいて靴下のまま1階まで名前を叫んで降りましたが(笑)残念、追いつきませんでした。洗っておきます。来週押切自治会館へ持ってゆきます。


来週は行徳公民館は休館なので押切自治会館で行います。間違いのないよう、ご注意ください。

10月6日(土)将棋教室の確認

10月6日(土)将棋教室の確認です。

行徳公民館第2和室にて、10〜12時に活動を行います。
※初めての方もどうぞお気軽にお越しください。事前連絡不要です。

今後の予定:

10月 6日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
10月13日(土):10-12時 押切自治会館
10月20日(土):9:30-11:30 七中にて行われる「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
10月27日(土):10-12時 押切自治会館


11月 3日(土):10-12時 押切自治会館
11月10日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
11月17日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
11月24日(土):10-12時 行徳公民館第2和室



上記すべて無料です。
行徳将棋クラブ

行徳将棋クラブ

Twitterアカウント
千葉県市川市の行徳将棋クラブを運営している原伸一です。ブログの更新情報をお届けしてゆきます。
最新コメント
最新記事
Archives
Profile
ハラ

フォークシンガー原
(原 伸一)

1967年生。千葉県市川市の南部、行徳・妙典でアコースティックライブの主催等の活動を行っています。また、行徳公民館で小中学生の将棋教室を開いています。

ライブ情報は以下サイトにて。

http://gyotoku.livedoor.biz
活動場所
喫茶「マイセン」(フォーク好きの集まり・例会です): 行徳駅より徒歩0分。改札を背にすぐ左、山下書店の2F。Tel:047-357-4039
会費500円+ドリンク代450円〜 

市川妙典SATY(路上ライブ): 妙典駅より徒歩3分。無料。お店の詳細は以下をクリックしてご覧ください。
メッセージ

名前
メール
本文
GSG5(行徳将棋ガールズ)
GSG(Gyotoku Shogi Girls)は、行徳将棋クラブの女子のこと。音楽も大好きで、2013年女子アマ団体戦で歌を歌ってベストパフォーマンス賞をいただきました。
人気将棋ブログ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ