軍事サイトReadovkaの記事より、バフム―ト〜セベルスク地区の現時点での状況をお伝えします。

簡単にまとめると:
ルート,魯Εライナ軍自身が鉄道橋/道路橋とも落とし、スラビャンスクへの道を封鎖。
ルートは既にロシア軍の射撃管制下。
つまり、ウクライナ軍がバフム―トから撤退できる道はルート△世韻残されています。
また、セベルスク方向ではラズドロフカが重要拠点で、ウクライナ軍が頑強に抵抗しています。

1月24日バフム―ト戦局


1月24日15時30分現在のアルテモフスク方面の状況

ロシア軍の主な戦略的目標はアルテモフスクの包囲であり、そこにはウクライナ軍と外国人傭兵部隊の約20の旅団があります。 ウクライナ軍への3つの主要補給ルートのうち2つは、すでにロシア軍の管理下にあります。 パラスコビエフカ付近のウクライナ軍の北方向から鉄道橋が爆破され、スラビャンスク (地図の) への道が塞がれました。

西方面では、クラスノエ (イワノフスキー) から続くルートはロシアの射撃管制下にあります (地図の)。 現時点では、アルテモフスクをピンチに陥れるには、ロシア軍はチャソフ ヤール (地図の) の道へ進む必要があります。

北からのアルテモフスク方向の戦略的目標は、クラスナヤ ガラーとパラスコビエフカを占領することです。 現在、ブラゴダトノエとクラスナヤガラーで激しい戦いが繰り広げられています。

ワグネルの戦闘員はソレダーるの北でも攻撃を続け、セベルスクに移動しています。そこでは、クラスノポリエからラズドロフカとヴェショーロエに向かって攻撃が進行中であり、新しい敵の防衛線を突破ようとしています。 ウクライナ軍は頑固な抵抗を示しています。

アルテモフスク (バフムート) の北部では、ソフホズナヤ通り沿いに市の北東部で工作が進行中です。 今日、パラスコビエフカ地域のウクライナ軍がアルテモフスクの北にある道路橋を爆破し、スラビャンスクへの道を封鎖したという情報がありました。 トルドボエ レゼルボフ通りから私たちの軍隊は南に行進し、精肉工場の建物に近づきました。

西からのバフム―ト方向の戦略的目標は、補給ルートを遮断しウクライナ軍部隊を包囲するために、バフム―ト〜チャソフ・ヤール高速道路を支配することです。 現在「ワグネル」はイワノフスコエ(クラスノエ)の村の近くで戦っています。 解放されたクレシェエフカ村での拠点をベースに、ワグネル戦闘員は前進しています。 クラスノエの奪取は、バフム―トへの道を切り開き、そこにあるグループをブロックすることを可能にします。

出典:https://t.me/readovkanews/51283