11月18日アップ動画の資料。FOXニュースの全文和訳です。



「下院自由議員連盟、ペロシへの書簡でワクチン義務化への政府の資金提供を拒否するよう議会に正式に呼びかける」

独占:下院自由議員連盟は、下院議長のナンシーペロシ(民主党・カリフォルニア)に、バイデン大統領のワクチン義務に関する行政府への資金提供を拒否するよう求めています。

「バイデン大統領と彼を代表する行政当局はCOVID-19ワクチン接種を義務付ける複数の大統領令と命令を発し、それはアメリカ人を生計手段の喪失と危険を引き起こす脅威にさらした」と議員連盟は火曜日にFOX Newsが入手した手紙で述べました。

ペロシ


議員たちは、議会が命令に対する行政府への資金提供を阻止するように動くべきであると主張し、100人以上の従業員を抱える企業にワクチンを要求し、連邦労働者に発砲を義務付けるバイデンの命令を指摘しました。

書簡


この書簡は、連邦控訴裁判所が職場でのワクチン義務の差止めを継続することを再確認し、米国労働省の労働安全衛生局に「さらなる裁判所の命令があるまで、義務を実施または施行するための措置を講じない」よう命じた後に出されました。

「連邦ワクチンの義務化は、アメリカをさらに分裂させ、国家安全保障を損なうだけです。例えばこれまでのところ、制服組の何千人もの男性と女性が、国防総省によって課された一回目のCOVID-19ワクチン接種要件を満たさないことを選択しています。そのことを選択したことで—名誉だろうが不名誉だろうが—私たちの軍隊の誰かを解雇する脅威にさらすことはばかげている」と書簡は述べています。

バイデンとペロシ


悪影響を受ける可能性のある他の連邦機関は、税関国境警備局およびその他の法執行機関および防衛要員であると書簡は主張しています。

「さらに、わが国のサプライチェーンが限界に達し、わが国が労働力不足に苦しんでいる時期に、ワクチン未接種の労働者の72%が、ワクチン接種を命じられた場合、辞めることを誓うと報告されていますーこの数字は、トラック運転手、消防士、警察官、医療従事者を含んでいます」と述べています。

議員たちは、国の医療施設の多くはすでに人員が不足しているが、義務化により人員不足のために老人ホームが完全に閉鎖される可能性があると指摘しました。

バイデン


「議会はこれらのCOVID-19の義務に反対しなければならない — OSHA、連邦職員(国防省を含む)、連邦請負業者、CMS(医療サービスセンター)など」と議員たちは述べました。「(現在の継続的な政府への資金提供決議の期限である12月3日に先立って)そのことを通知してください — 政府の資金提供に対するその他の異議に加えて、私たちは実施する権限を留保します(資金提供を留保します) — 連邦政府のCOVID-19ワクチンの義務が適用されている間、継続的な決議やその他の政府への資金提供法に投票することはありません。」