FOXとNewsmaxが、ギクッとするようなサムネでYouTubeに動画を上げていますね。下のもそうですが、バイデンを大統領から追い落とすような。内容では、厳しく批判しつつもそこまで直接的なことは言っていないようです。
(追記:サムネをつけてアップしているのは当局ではないようです。失礼しました)

いっぽうこの動画の中に、Hara Blog / Hara Channelで何度か紹介した元フットボール・プレーヤーのハーシェル・ウォーカーさんの、2022年中間選挙でのジョージア州からの上院議員選出馬へ向けて着々と雰囲気作りが進められていると感じる部分がありました。26分15秒あたりから、ハニティさんがリンゼー・グラムにハーシェル・ウォーカーさんの上院出馬が楽しみだと話を振ります。それに対するリンゼー・グラムの答え:

「上院でのワーノック議員(2022年改選のジョージア選出民主党上院議員)の投票を見ると、彼はグリーンニューディールを支持している記録があります。 彼は最高裁判事増員を支持しており、議事進行妨害排除を支持しています。 彼は大規模な増税を支持しており、6兆ドル以上の支出をしています。彼はAOCのすべてを支持しています。 従い、ジョージア州で彼をハーシェルウォーカーに置き換えるチャンスがある場合に、あなたがもし事業を営むために自由企業活動に依存している会社の最高経営責任者であるならば、そしてジョージア州の共和党員の利益が見つけられないならば、あなたは解任されるでしょう。 ハーシェルウォーカーがアメリカの企業そして自由企業をどこへ導くかと、ワーノック上院議員の違いを理解できないのであれば、あなたは正気ではありません。あなたは仕事を失うべきであり、株主はみなより少ない規制と税金で繁栄する自由企業を求め、その会社を放棄するでしょう」

という訳で、大いに期待しています。
でも、リン・ウッドさんがサウスカロライナの共和党議長になったらリンゼー・グラム議員は危ないですけど

私が期待するのは、早めにハーシェル・ウォーカーさんがジョージアの社会問題について色々言ってくれるようになって、2020年選挙監査においてもジョージア州民の精神的支柱になってくれたらありがたいです。トランプ大統領やリン・ウッドさんも仲良しのようなので、そうなれば大きな動きになるだろう。
アリゾナを見ても、民主党の妨害を押しのけて監査を継続するのってものスゴイ大変なので。アリゾナは奇跡的に色んなキャラが団体戦で強いエネルギーを形成していますが、ジョージアが同じような妨害を受けた場合に受けて立てるのかどうかは、今のところ見えないなという気がしています。