1月24日のコメント欄です。


>(チャーリー)今回の一連の事件は、今後の歴史の転換点であったことは間違いないと今でも思ってます。
色々な人のコメントや映像を見てますが、歴史の転換点という考察で腑に落ちたのは、もぎせかチャネル。カエサルや石原莞爾との比較から、トランプを見ています。参考まで。
https://youtu.be/nohR_j0eZ_c

チャーリーさん、いつもありがとうございます。
もぎせかチャンネル、視聴しました。
ルビコン川を渡らなかったカエサル・・・説得力ありました。
20日の直前の数日間、怪しい情報が入り乱れる中に軍関係からとして「我々は一人の男の決断を待っている」という言葉がありました。あるいは軍事オプションがホントにあったのかもしれません。
ご紹介いただいたきました動画、下に埋め込みます。


>(プディング)感動の投稿内容です。リン・ウッド弁護士の`揺るがない信仰心`は人として誰もが見習いたいものだと思います。いつでも本物の神様ほど、「すべてにとって最もよい形」を準備下さるのですから、、私たちは「現実的な努力」と「大きな愛を土台とする熱い祈り」をしっかり届けた上で、あとはすべて天におまかせできる自信にあふれた愛いっぱいの心でいなければならないということなのですね、。しかしこのウッド氏、ほれぼれする程できた方ですね、、!日本語訳ありがとうございます!

プディングさん、コメントありがとうございます。
彼は揺るがないですね。ホント見習いたいです。
自信にあふれた愛いっぱいの心で・・・いい言葉ですね。そのような心で待ちたいと思います。


>(ハロッズ)今見るとカリフォルニアの停電は黄色で続いてます。まだ何かやってるのかも。

ハロッズさん、引き続きカリフォルニア停電ウォッチありがとうございます。
まだ続いていますかね。ハリウッドが気になりますよね。注目です。