私人となったマイク・ポンペイオ氏が自身の個人アカウントで、1月22日(現地時間では21日か?)に一言「1.384 days」というツイートをしています。


ポンペイオ氏ツイッター


何を意味するかですが、たぶん4年後の大統領選挙ではないかと見られます。彼は1963年12月30日の生まれで57歳。ご自身が先頭かは別として、アメリカのためによき勢力をその日に向け再結集するための歩みを始めるというメッセージにとれます。

さて、私もここで改めて当ブログのスタンスを明らかにしておきます。

私はなお、トランプ陣営が1月20日に黙って政権を引き渡すつもりであったとはとは考えていません。つまり今後は世間から冷ややかに見られる立場でしょう。それは覚悟しています。

しかし、1月6日に最後の望みを抱いた多くの支持者たちをワシントンに集めた意味は何だったのか。あの大きな一手が謎のままです。「シンプルに民意をペンスや議員たちに示そうとしただけだろう。お人よしだが政治家らしくないのが彼のいい所さ」とは、思えない。作戦の一部でそれはまだ続いているか、あるいはどこかで誤算があったか。今後も追ってゆきます。情報ソースについても、怪しいものや確認がとれていないものもその前提で拾ってゆきます。

「現実を見て今後我々はどうすべきか語るべきだ」という趣旨のご意見をコメント欄にいただきました。ありがたいお言葉です。徐々にチャレンジしてみたいとは思いますが、私がそれを語ったとしても今のところ現在の当ブログの読者にはあまり響かないかもしれません。ぜひコメント欄をご利用いただき投稿をいただけたらありがたいです。コメント欄こそ見る価値があるという風になれば有意義だと思います。当ブログのアクセス数ですが、いまのところ下のとおり平均一万数千PV/日です。人気YouTuberさんやインフルエンサーの方々からは格段に劣りますが、コメント欄を見る限り、かなりしっかりした読者さんに支えられていると感じています。
ページアクセス


コメントへの返信ですが、なるべく多くの方々にご利用いただけるようにするため(表示されるのはPC版50人、スマホ版20人です)、今後は投稿の形式とさせていただきます。返信しづらいコメントは返信なしになるかもしれませんが、何卒ご了承ください。よろしくお願いいたします。