テレグラム発祥の地、ロシアでいま見られている企業広告のご紹介を。

度々ご紹介している「ロシア・トゥデイ」というロシア国営メディアに掲載されているもので、不謹慎で申し訳ないですが面白いなと思いました。

1.まず簡易動画で、羽ばたいているツイッターの小鳥を#がつかまえるシーンが出てきます。そして、「LEAVE CENSORSHIP(検閲を離れよう)」というメッセージ。

テレグラム広告1


2.次に「FIND FREEDOM(自由を見つけよう)」というスライド。

テレグラム広告2


3.最後に「LEAVE TWITTER JOIN TELEGRAM(ツイッターを離れてテレグラムに加わろう) 」というメッセージのスライドです。

テレグラム広告3


テレグラムは拠点はドイツに置いているようですが、ロシアの技術者が開発したソーシャルメディア。ロシア国内では政府から厳しい規制を受けた時期もあったものの、今では普通に使われている様子。というか、今回の件でロシア政府との協力関係をを強めただろうと推測します。今回テレグラムが強いのは、さすがのGoogleやAppleもロシア政府を相手にケンカはしづらいだろう。丸ごと締め出す訳にはゆかないので個別アカウントへの攻撃になるが、サイバー戦ならロシアも強い。

しかし、アメリカを代表するような会社がロシアから「自由を見つけよう」なんてダメ出しをされる時代が来るとは。唖然とします。

商売大繁盛になっているかもしれませんね。テレグラムのデザインて最初からこんなでしたっけ? いかにもツイッターから乗り換えしやすそうな色合いのロゴマークです。