ワシントンDCで国会議事堂から煙が上がっているとのことで、警察から安全に注意するよう緊急アナウンスメントが出ているとのこと。

議事堂から煙


ロシアのニュースサイトが先ほど速報で出しました。「ロシア・トゥデイ」の英語版サイトとそこでシェアされていたツイッターのリンクを以下に貼ります。

(追記)ロシア・トゥデイ記事の和訳を以下に追記します。
※「ロシア・トゥデイ」はロシア政府所有の国営メディアです。

====================================

「合衆国国会議事堂 '屋外安全脅威' によりロックダウン。ビデオは国会議事堂から煙が上がっているのを映している」

ワシントンDCの国会議事堂は、報告によればロックダウンされた。警察は"屋外安全の脅威"を警告し、安全な場所に居るよう人々に促している。ビデオフィルムは建物から上がっている煙を映している。拡声器のメッセージを聴いていた人々によれば、月曜日のジョー・バイデン就任式セレモニーのリハーサルは"外部安全の脅威"のため中止された。"脅威"の本質が何であるかは直ちには明らかになっていないが、報告によれば建物はロックダウンされ、入ることも出ることも禁じられている。

ビデオフィルムは国会議事堂の後ろから上がっている煙を映しており、数分後には拡散された。

DC消防局は後に、付近の道路で火災が発生したがすぐに消化されたと言った。”これが大勢の人々が見た煙と見られる” と当局はアナウンスした。