もうひとつだけ、マイセンの記事を。

マイセンにはフランソワ・ミレーの「晩鐘」と「落穂拾い」のレプリカが置いてありました。生前、一度だけマイセンライブに今は亡き父が来てくれたことがありまして、
「落穂拾いに、遠くの方で馬に乗ってこっちを見とる男ん人がおるじゃろ」
と言う。よく見ると、確かに騎乗の人が小さく描かれている。
「農民たちを監視しとると。向こうに旅行に行ったときにガイドさんがそう言うとった」
落穂の一本さえも盗まぬようにと。

へぇ〜
老後の数年間、夫婦でよく海外へも旅行に行っていた。パリのオルセー美術館ですね。真偽のほどはわかりませんが、そのような説明を受けたのでしょう。

マイセンの話はひとまずここまで。

IMG_20200225_175805


おちぼひろいの役人さん