少し前に、角交換振り飛車を主軸に使っている教室の子が
「筋違い角がメンドクサイ」
とこぼしていました。都内の将棋を指すところへ行って痛い目にあったらしいのですが、その時は「色々経験になっていいだろう」くらいに思い聞き流しました。

ところが先日、社団戦のチームメイトが某アマ強豪と道場で対局した時のことを雑談で
「角交換振り飛車やろうとしたら筋違い角やられてさ。遊ばれちゃったよ」
と話しているのを聞いて、ふと気になった。待てよ、遊ばれたのではなく対策として一部のアマ棋士の間で試用されているのではないか?

ある程度駒組が進んだ段階で、飛車側の桂頭の歩をかすめ取るのに筋違い角を打つ作戦は以前からよくありますが、対局開始早々に打ってくるらしい。
▲7六歩△3四歩▲6八飛に△8八角成▲同銀△6五角なら下図ですが、

【1図】
角交換型振り飛車に筋違い角


しかも角交換振り飛車をどうしてもやりたい子の場合、角交換できる瞬間に自分から交換しちゃいますんで、上図スタートよりも相手の銀の動きが一手はやく、自分の銀が一手おそい訳なんですよね。飛車の途中下車もあったりする。
▲7六歩△3四歩▲2二角成△同銀▲8八銀△6五角▲4八飛△7六角▲6八飛から、お勉強したとおりに普通に駒組すると・・・マズイですね。ナルホドそういう訳か。

【2図】
角交換型振り飛車vs筋違い角2


小学生にもわかりやすいように、どうすればいいか? 検索しても出てこない。ウウムと腕組み。と、ここまできて「バカだなぁオレ」

逆ですね。「角交換振り飛車への筋違い角」ではなく「筋違い角に対して振り飛車党がどう指せばよいか」という進め方は昔からあるので、そっちだ。

という訳で。
まず【1図】の形では▲3八銀ではなく▲4八玉。で△5四角には▲2八銀。美濃ではなく金無双のほうが無難。ただし飛車角交換になる可能性あるので、6九の金は最後まで動かさないほうがいいみたい。

ソフト検討してみたのですが、一例として下図のようなイメージで中段飛車に構える。
相手が居玉なので△2六歩▲同歩△同銀には▲同飛と取って△同飛に▲1五角が見えますが△2四飛打でたいしたことがない。また実戦で相手が居玉とは限らないので、覚えておくといいのは△2六歩▲同歩△同銀に▲3六歩。これで角道シャットアウト。そこで△2七歩には▲3九銀で大丈夫なのが美濃囲いとの違い。

【3図】
角交換型振り飛車vs筋違い角3


ただし「このようにすればすぐに負けはしない」ということであって、互いに最善を尽くせば互角が続きます。ということはアマの時間が短い対局では「相手が不慣れならすぐにツブせるし、最善で対応してきても互角には戦える」という訳で、十分に選択肢に入る作戦のような気がします。要注意ですね。