今年予定されていた一連の全国規模の選挙が一段落しましたので、選挙利用されることを避けるため公開を控えていましたデータを紹介します。3月10日に行われた「市川市小学生将棋大会」参加者の各小学校ごとの人数です。

ご参考まで;
・千葉県の市川市には48万人の市民が住んでいます。市立小学校が39校、私立小学校が3校あり、生徒数は約2万人です。
・2万人の小学生全員に、教育委員会と各学校を通じ市内の小学生向け将棋大会のチラシを配布しました。
・2万人のうち、約200名の子供たち(兄弟姉妹含む)の保護者の方から問い合わせを受け、180名が参加を希望しました(締め切り後申し込みや当日病欠などで実際の参加者は約150名)。つまりリアクション率は約1%という結果でした。
・このような表現は不信感を招く恐れがあり本来は控えるべきところですが敢えて述べますと、そのうち約10名の方々が市内のアマチュア指導員が開講する有料の将棋教室(3か所)に通う意思表示をしてくれたようです。尚、首都圏のスクールや道場に通う子たちはもっとずっとたくさん居ます。家の近くで普段はポツポツ地味に教えそして子供たちのハレの舞台・小学生将棋大会を支える無名の先生のところへ習い事として通うようになってくれた子らが約10名ということです。個人的な感触ですが「私はこの地で将棋の素晴らしさをを子供たちに伝えたいのです。そしてそれで生計を立てたいのです。どうか皆様お願いします」という若き情熱に溢れる魅力的な指導者が居たら、その倍くらいはいくのではないかと思います。あくまで淡々とチラシを配り粛々と進めてこの数字。
・まだ第1回が終了して数か月ですので、第2回、第3回と回を重ねてどうなるかも貴重なサンプルになると考えています。もしかすると先細りになり市民団体による運営には終止符が打たれるかもしれません。何回かやってみなければわかりません。
・大会の目的は将棋教室の営業ではありませんので誤解なきよう。しかし現実問題、大きなイベントを長期安定的に支えてゆくためには事業的な裏付けが必要ということです。

市川市小学校配置図北部

市川市小学校配置図南部


新井小  11名
市川小  8名
市川特別支援学校 1名
稲越小  2名
大柏小  1名
大洲小  3名
大野小  2名
鬼高小  4名
柏井小  2名
北方小  2名
行徳小  8名
国府台小 8名
国分小  1名
幸小   8名
塩焼小  14名
昭和学園小 1名
信篤小  6名
菅野小  4名
曽谷小  4名
稲荷木小 3名
中国分小 7名
中山小  5名
新浜小  4名
日出小  11名
平田小  4名
冨貴島小 2名
二俣小  2名
富美浜小 2名
福栄小  5名
真間小  5名
南行徳小 8名
宮久保小 8名
宮田小  4名
妙典小  4名
八幡小  1名
若宮小  3名

合計 180名