タイトルは舛添要一さんが東京都知事の頃、辞める辞めないですったもんだしていた時に、内田裕也さんが言った言葉。「舛添はロックじゃねぇフォークだ」。
フォークシンガー的にはありゃまと思うところですが、内田裕也さんですから「恐れ入ります」ということで。

ご冥福を祈ります。

さて、先日のストリートライブの終了後に若いメンバーたちと今後の打ち合わせを行いました。来月、再来月と続けて行徳駅前ストリートライブを実施してゆきます。警察許可等の関係があり確定ではありませんが、
4/28(日): 平成最後の行徳駅前ストリートライブを平成のヒット曲で飾ろう企画
5/26(日): いちかわミュージック・パークとのコラボ企画。今年は行徳も参加だ!
ということになっています。

選挙へ行こうライブ20192


これがどういうことかというとですね・・・
いやぁ疲れるなぁ〜ということ。

また、若いメンバーからのフィードバックによるとポスティングした「カモンちゃんチラシ」で来てくれてリピーターになってくれている人も数名ちゃんと居るとのことで、効果が確認できている。ということはチラシつくって配布する作業も続けてやるべきですね。ここでアクセル踏まないと何やってんだかわからない。やっぱエリアマーケティングはネットより紙が強いんですよ。紙を配らんといかん。

呆然としているところです。どんだけやっちゅう。
プレーヤーを辞めて事務方だけにしないと回らない感じがしてきた。
「ほらみろ、フォークはそんなもんだろ」
と、天の上から声が聴こえてきそうです。