募金活動の一環でしたのであまり強くお勧めできなかったのですが実際問題、駅前将棋に通ってくれたメンバーは強くなっていて、土曜教室を見ていても成果が明らかです。実力的にかなり上だった子を追い抜いて行っています。

教室化のご希望が出ていますが、私も普通の都内通勤人なのでこれを長期定着させるのは無理です。そこで、卒業生に個人家庭教師のような形で希望者の面倒を見てもらう形式が成立するか可能性を探りたいと考えています。私以上に上手にやってくれそうな優秀な卒業生たちが居ますので。

将棋盤


条件は当事者同士で話してほしいのですが例えば、今の募金活動と同じくらいの負担で一組3〜4名のグループでというのはどうでしょう? 問題は今は「来た時だけ500円募金」ですが、アルバイトとなると欠席の場合でも料金発生ということになるでしょうね。週2回(月8回)として月謝4,000円(場所代がかからない前提なら)。講師の学生は週2回、3〜4名を同時多面差しで指導して月12,000円〜16,000円の謝礼を受け取ることになります。あるいは週1回ずつ2人で分けて。
尚、私は一切中抜きしません。

成立していい循環ができれば、卒業生たちがいっそう活躍できる可能性も広がります。たぶん学生のみなさん、必要な将棋の本を買うのにも苦労しているはず。定跡が目まぐるしく進化する時代ですが、両親にお願いしても本当に必要なものなのか判断がつかないでしょうから。ホント、どんだけ要るんだってくらい必要なので。

ハードルが2つあって、1つは場所。もうひとつはやってくれる卒業生が居るかどうか。

ひとつずついきたいと思います。まず、開講場所。お店や会社などの一角を使わせてくれることを頼めるあてのある方がございましたら、情報いただけたらありがたいです。
ポイントは「鍵の管理がいらないこと」。誰かが鍵を借りて開けなければならない施設の場合、どうしても大人が一人つかなければならなくなります。「子供だけ遣る」スタイルにできません。
政治や宗教の関係先は基本、遠慮させていただきます。が、例えば何も言わずにお寺の一角を使わせてくれるとかでしたらありがたいです。

ご協力よろしくおねがいします。

(追記)
「中学生〜大学生の学生さんひとりと小学生のお友達2〜3人なら家に来てもらってもいい」という方が一グループに一家族あれば、場所については解決するかもしれません。