絵を描くのが好きな子にとり「市内すべての小学生親子が見る媒体に作品が載る」のは魅力的ですかね?

市の支援が決まりましたので実施を前提に動き始めますが、その中でチラシですね。印刷代の表を睨んでいるのですが、2万部を超えるレベルは「片面4色」も「片面4色+片面1色(両面)」もさして料金が変わらない。

市民小学生大会何度か掲載しているチラシサンプルは主にネットで拾えるフリー素材を使って作ったものですが、これだとパッとしない。子供が描いた絵がバーンとあったほうがワクワクしそうな気がします。

片面を絵のカラーポスターにして、もう片面に黒で詳細を載せるとイイ感じになりそう。ポスターの文言としては〇埓郢埔学生将棋大会、2019年3月17日(日)、およびB膕饂臆辰鯊イ垢茲Δ淵ャッチフレーズ の3つですかね。

「ボク・アタシ描く!」
という子供さんが居ましたら大歓迎。行徳将棋クラブの子でなくても「ブログ見ました」で結構です。将棋は指せなくても市川市内の小学生ならオッケー。まずは描かずに意思表示だけお知らせいただけたらありがたいです(8月末めど)。
今回は広く募集するのではなく、これまでの他の作品を写真で見せていただいて描けそうな子に描いてもらう形にします(9月末くらいまでに)。
誰も手が上がらない場合は、う〜ん絵画教室でも回るか(笑)。「この絵画教室の先生なら相談に乗ってくれるのでは」というような情報も、いただけたらありがたいです。

「夏休みに入る前に言ってくれたら」とお叱りを受けそうですが、市の支援も決まっていなかったこともあり申し訳ありません。また「市の支援制度を使うのだから広く市内小学生に知らせるべきでは」というご意見もあるでしょうが、来年以降継続する場合はそれも検討しますということと、支援は将棋大会に対して出されていますので、チラシのデザインをどなたにお願いにするかについては主催者の裁量ということで何卒ご了承ください。

絵の内容は「将棋に関する絵」ということになるでしょうが、「ボクはどーしても恐竜が描きたい。それを見てもらいたい」とかなら、例えばブルー(ジュラシックワールド・炎の王国)が将棋を指している絵なんて、イイですね。ブルーなら将棋できそう。

市川市の小中学校で毎年募集されている交通安全ポスターや平和ポスターに準ずるような位置づけで「将棋の絵」があるような感じに将来的に持っていけたらそれも有意義かもしれません。

上記、成立しないかもしれません。何から何まで初めての試みなので、あらゆる可能性を試せる場面です。ほかにもアイデアご提案いただけたらありがたいです。
ひとつ言えるのは、「ただの子供大会は存在意味がない」。