豊洲ぐるり公園というのが江東区に最近開園したのをおときた都議のブログで知りました。信号がない約5劼離献腑ングコース。景色がよいのもさることながら、数百メートルごとに表示があるとのこと。これ、いいですね。ジョギングやウォーキングをしていて「これでどれくらいの距離なんだろう?」と時々ふと思います。

行徳も江戸川沿いや放水路沿いが信号のないコースになっていて、市民ランナーやウォーキングする人々が利用しています。どこからどこまでで何百メートルか判ると、ちょっとした目標にもなって市民の健康増進に役立つかもしれません。

我が家の近くですと、行徳運河が地元の人たちに親しまれているコース。バスケ少女が軽快に駆けていたり、首にタオルを巻いたオジサンが「ホッ、ホッ」と腕を振り歩いていたり。

どれくらいの距離なんでしょうね。地図上で定規をあてて測ってみたところ、運河の岸壁の端から橋まで(笑)が650m(赤の部分)、岸壁の端から反対方向に行徳総合病院エリアの端までの直線が420m(青の部分)でした。青のラインの途中に1か所横断歩道がありますが信号はありません。ほぼ1劼里錣りやすいコースであることが判明し、ちょっと感動。(いったん600m、400mとアップしましたが、測りなおして修正しました)

表示板を立てるのはお金かかるので、市内のウォーキングコースと距離を示したMapでもあるといいかもしれませんね。「今日はここ歩いてみよう」とか楽しそう。

行徳運河ウォーキングコース


行徳運河のお地蔵さん。
行徳運河