市川市長選は昨夜開票が行われ、村越ひろたみ氏が最多得票で新市長となられました。

高橋亮平氏を支持した者としては正直残念ですが、新体制により市川市が良い街になることを願います。

評価は分かれるでしょうが、高橋氏の功績もありました。坂下氏孤立の場合、小泉文人氏の支援を受けた田中甲氏が自民党の推薦を得て公明党支持もとりつけたであろうことから、田中氏が勝利する可能性が極めて高い状況でした。高橋氏の「市議・元市議たちの政務活動費問題を正当化させない」という目的は遂げられた。ただその決断が、村越新市長の誕生をアシストしたと言えます。

さて「新市川」は東京都における都民ファーストの会のようなポジションとなるのか。つまり、かつて人々の期待を集めたが今ではその期待が立憲民主党に向いている。今回の市長選においても、すでにそうだったかもしれません。自公と組むことによりブランド価値を下げたかどうか、見てゆく必要があります。

さてしかし、片付け・撤収作業だけでも膨大な作業で、まずは目の前のこと。また後日、ゆっくり振り返ってみたいと思います。