(「ソ連崩壊後のビジネスの現場」からのつづき)

旧ソ連地域との交易に従事されている皆様に、敬意を表します。極東地域の安定に大きく貢献されている。私も伴に歩めたらよかったのですが、自身のポジショニングがうまくゆきませんでした。現在は、海上貨物保険の引受業務で細々と生計を立てており、ほんの少し間接的にそれら国々との輸送をサポートさせていただいている立場です。

短いモスクワ在住期間中に、モスクワ内戦を経験しました。大統領と議長、二人の権力者による権力闘争。機関銃の乾いた音が悪魔の声のように響き、若い兵士たちの命が失われてゆく。「お前ら、二人でやれ」と感じたものの、権力者=利権の代表者であります。自分ではコントロールできないこともある。特に負ける側には。その後も、ガスパイプラインルートが絡む南部地域での紛争なども。大国の都合で小国の平和が荒らされ、そこに「人道支援」の名の下に日本企業の商売が生まれる葛藤がありました。

さて、業界を去り国内に仕事と生活の場を限定し、暫くして構想を描き行動を始めたのが、インターネットを利用したローカルメディアが出来ないかなということでした。2003年頃のこと。当時、時代の空気として、インターネットによりメディア革命が起きる期待が膨らんでいた(これも、今や兵どもが夢の跡ですが)。
コンテンツとして選んだのが、ロックやフォークのアマチュアたちの演奏。直接に「戦争とは」「平和について考えよう」みたいなことでは、抵抗が大きい。対象が限定される。もっと普通に暮らしている人に響くもの。普段は意識のない人も、時々はニュースを見て「これでいいのだろうか」と一瞬考えるはず。その程度でいい。例えば1時間のライブをすれば、ほとんどが日常的な内容の歌なのだけど1曲だけ「今も世界のどこかで戦争が起こっています」と一言添えてジョン・レノンの曲を演るとか。それ位で十分、上等。

その頃の自分に「5年でこう変わる。10年するとこうなってる」と色々教えてあげたいです。動画再生ソフト1つとっても視聴者からの声に対応するのが大変でした。WindowsのMedia Playerをベースにすると、Macの人が見れなかった。Quick Time再生用の別のページを設けるが、環境やバージョンの違いにより「視聴できない」との声が相次ぐ。
やがてHTML5やFLASH(YouTubeやニコ動)に集約されていく。その時点での再生条件をサイトに記して、その他の環境の人はゴメンナサイにして技術の進歩を待てばいい・・・なんてワカラナイですよね(笑)。それに、音楽やアーティスト系はMacユーザーが多かったし。

そのほかにも、様々な困難に出くわすことになりました。

(つづく)