都知事選では当ブログの役割は「3人以外の候補者」の紹介しかないですが、少し勉強になったのでメモ程度に。

以下、刑法の規定:

第230条(名誉毀損) 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。

(公共の利害に関する場合の特例)
第230条の2-3 前条第1項の行為が公務員又は公選による公務員の候補者に関する事実に係る場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。

つまり、対象が私人であれば、「この人はこんなことしたんですよ」ということを公然と出版物に掲載したりするのは、例えそれが事実だとしても罪になる。

ただし、対象が公務員あるいはその候補者である場合、事実なら罪に問われない。
「そのような人は行政を預かるにふさわしくない」というほどのことかどうか、人々の判断材料になり得るためでしょう。公共の利害に関係する。

条文中の「事実の真否を判断」するプロセスは私にはよくわかりません。専門家にお任せします。