比叡山延暦寺で行われた第1期電王戦第2局はponanzaが勝ち、ponanzaの2勝で幕を閉じました。

対局後の山崎叡王のコメントによると、見慣れている相掛かりの戦型に誘導しようとしたがそうならず、やりにくい展開になっていたようです。我々一般視聴者には想像できないほどの苦しい2日間だったと思います。たいへんお疲れさまでした。

コンピューターは無理攻めをしてくるのでじっくりスキなく指せば人間よしというのが山崎叡王の対コンピューター感だったとのこと。逆に激しく切り合うような展開のほうがチャンスがあるという人もいて、難しいところです。
下図はそれが表れている局面。後手ポナンザが△5六歩と角道を開けてきたところ。

電王戦第2局


山崎叡王は▲同銀引と無難に応じたのですが、△8八角成▲同金と金が離れ形を乱されてしまいました。

では先に▲2二角成とこちらから交換すればどうか。△同金なら逆に相手の形が悪くなります。
ただ、▲2二角成のときに△5七歩成と攻め合いにこられたらどうか。以下▲3二馬△同玉▲5七金△3九角で下図。
行徳将棋クラブのみなさんにも考えてほしい(笑)。ここで先手に鋭い攻めがあります。

電王戦第2局変化図




藤井九段の解説によると、上図で▲2三飛成といく。△同玉に▲4一角。この変化は先手勝ちとのこと。実際、コンピューターソフトに入れても先手優勢と出てきます。

従い、いちばん上の図では▲2二角成といけば△同金だったはずで、「ならばそのほうがよかった」。
一見、「そんなにムリしなくても」という場面でもガッチリとポイントを稼ぐのが、コンピューターとの戦い方のひとつの要素かもしれません。


さて、終了後の記者会見で明らかになったことがありました。第2期叡王戦に、羽生善治名人が参加されるとのこと。もし優勝すればコンピューターと対戦します。対局が決まったわけではないのですが、その可能性が開かれたというのは大きな出来事です。
ドワンゴの川上会長によれば、羽生名人は人工知能の研究者たちが集まる会議などにも参加されていて相当詳しいはずとのこと。先日の記事でも書きましたが、将棋だけでなく人工知能と人間の関係というテーマについて社会的に議論が深まるよいきっかけになることを願います。