村下孝蔵さんをもう一曲いきます。「陽だまり」1987年。

名作アニメ、「めぞん一刻」の最後のオープニングテーマ(第77話〜96話最終回)です。



「ひらひら 花びらの舞う 春の午後には〜」 に合わせ愛すべきメインキャストたちが五代くんを囲み両手をひらひらさせ踊る絵は、その時代を共にした多くの人々の心に焼きついていることでしょう。

めぞん一刻OP


音無響子五代くんの生き方って、まさに今、タイムリーだと思いませんか?(笑)。元祖イクメン。

いい保育士さんになって、響子さんと幸せに暮らしていることでしょうね。

「ああ僕は 君一人の ためだけの ひとりぼっちさ」・・・のフレーズはあまりにも素晴らしく、村下幸蔵さんの「陽だまり」は、一刻館のドラマとともに、ずっと流れ続けてゆくことでしょう。