里見香奈女流名人の防衛でした。得意戦法ゴキゲン中飛車を採用し、居飛車陣の一瞬のほころびを突いて駒のさばきあいに持ち込み攻めきりました。

「里見名人と5局できるのは、なかなかできないこと。自分は内容的にも力を出し切れたかなと思います」という清水市代女流六段の談話が伝わっています。
個人的には、清水女流の将棋が表現された素晴らしいシリーズだったと思います。不意に終わるかもしれないリスクを抱えながらも、バランスをとりながらの美しい差し回しそして独自の研究を見せてくださいました。

ひとつ気になるのは、昨年から三段リーグに復帰した里見三段は、こうして女流棋戦で多くの棋譜が見られると研究されて奨励会で不利なのではないか?と。第4局に矢倉を選択したのも、何か新しい軸の必要を感じていることの表れかもしれないと感じました。
ただ、それを言えば棋士はみなそうですので、それでも勝てるようでないと棋士としての成功はない・・・という考え方になるのでしょうか。厳しい世界です。

明日マイセンで読むスポーツ報知も楽しみです(笑)。