7月20日(月)海の日の祝日、ねこまど杯こども将棋大会に行ってまいりました。
会場のパナソニックセンター東京はりんかい線の国際展示場駅のすぐ前。浦安・行徳組にとっては近くてありがたい場所です。

パナソニックセンター東京


この将棋大会は、18日から3日間続いた「どうぶつしょうぎフェスティバル」の最終日の企画として行われたもの。20日のこの日も、どうぶつしょうぎを初めて体験したり楽しんだりできる会場が設けられていました。また、自分で絵を書いてどうぶつしょうぎの駒をつくるコーナーも人気を集めていました。

どうぶつ将棋会場


将棋大会は、低学年と高学年それぞれ64名。2勝通過2敗失格の予選の後決勝トーナメント組と自由対局組に分かれる形式で、熱戦が繰り広げられました。GSCは高学年の部に4名、低学年の部に1名が参加。高学年では野坂隼史くんが予選を勝ち上がってくれました。みなさん、よい将棋を指してがんばってくれたようです。

将棋大会会場


自由対局では、勝つと対局カードにスタンプを3つ、負けると1つ押してくれて、10コたまると駒のお人形をもらえます。また、森内九段といっしょにひとりずつ写真を撮らせてくれるといううれしい企画もありました。

予選通過者によるトーナメントの決勝戦は森内九段の解説つき。豪華です。
対局者の映像がスクリーンに映し出される演出が観客を惹きつけました。真剣な表情は迫力満点。
おやっ、カメラマンはもしかして・・・(笑)

低学年決勝


どうぶつしょうぎ会場と同じフロアにあるパナソニックのショールームでは、カメラ好きのパパさんたちが熱心に説明を聴いている姿が見られました。また、マッサージチェアーで気持ちよさそうに寝ているパパさんの姿も(笑)。
個人的には我が家のテレビもVIERAなので、最新技術の映像の美しさに見とれました。

ショールーム


きれいな会場でスペースもゆったりして付き添いの大人も過ごしやすく、とてもよいイベントでした。