なでしこジャパン、素晴らしい活躍ぶりですね。決勝戦の結果がどうあれ、賞賛に値します。

一方、日本サッカー界では「今度こそ、ここからが勝負」という見方もでてきているようです。つまり前回W杯後、優勝という最高の結果を女子サッカー普及とリーグ選手の待遇改善に十分つなげられたとは言いがたい。

確かに直後は小学生サッカー女子の数やリーグ観客動員はどっと増えた。しかし、中学に「部活がない」ことにより結局は他のスポーツに流れてしまったとのこと。リーグの観客も次第に目減りした。ブームを生かしきれなかった。

将棋もそう(泣)。部活が少ない悲しさ。特に中学。多くの学校に将棋部があったらいいですよねぇ〜。

しかし、「部活動」というもの自体がそもそも日本に特有の問題を抱えた制度で、その中に入れてもらってないことを問題視するのは学校にとり酷だというのが現実みたい。「新しいジャンルを部活動に取り入れて広めてもらおう」なんて学校が受け入れられるような状況ではない。

労働基準法違反だ!部活の顧問は・・・という議論すらあるようです。

部活の顧問」というエントリーで、その競技をやりたいために教師を目指す学生のことを紹介しましたが、それは一部。大多数の先生方は、サービス残業とすずめの涙ほどしかない特別勤務手当の休日働きで、消耗し疲弊している。

ある中学で、外部指導者の招聘によりうまくいっている部活がいくつかあったのだが、校長によって方針が変わり廃止になったと聞きました。やはり部活動というのは教科以上に生徒の精神育成に大きく影響するもので、それを担うのが学校組織の外の人というのはダメだという考え方があるみたい。

しかし、仕事ならそれに見合うだけの正当な手当てを出すべきですが、それはない。労基法度外視の拘束時間。各地で、いったい部活動の位置づけは制度上何なんだと喧々諤々のようです。

というわけで、部活にはあまり期待できそうにない。

サッカー協会はどんな政策でいくんだろう?と調べていたら、これを見つけました。おぉ、すごくいいことやってるじゃん。文科省の委託事業として中学生の地域スポーツをですか。文科省と地域の教育委員会が絡みますので、学校の特別活動である部活と同格の扱いをしてくれるのでしょうね。
ところが、制度としてはすごくいいんですが、素晴らしい制度もそれを使ってくれる人が居ないと・・・神戸市やさいたま市など数えるほどの自治体しか導入していないようです。受け皿としては小さすぎる。

簡単に解決策が見つかるはずもないのですが、こう見てくると将棋界ってスゴイですね。連盟支部組織、道場、アマ連や地域の愛好会、公民館サークル、等々、部活と同じ扱いにはならないまでも、中学生も将棋をしたければ何がしかの受け皿がある。

おっと、他ジャンルの方は「そうだ、将棋界を見習え」なんて思わないでくださいね。
仕事や家庭そっちのけのロクデナシ親父や不良主婦たちをあんまり増やすのは、いかがなものかと(笑)。