4月4日(土)午前、行徳公民館第2和室にて行徳将棋クラブ活動。

福栄中1名、渋谷幕張中2名、行徳小1名、南行徳小1名、新浜小1名、南新浜小2名、富美浜小2名、塩焼小1名、大野小1名、美浜北小1名、葛飾小2名、稔台小2名、常盤平第三小1名、葛西第二小1名、鹿骨東小1名、未就学1名、計22名。

よくでてくる受けの形を2つ。

角を打たれて「あっ、やられたっ」というときは、角を合わせるとなんとかなることがけっこうあります。
「角には角」とおぼえましょう。

角には角


上図では▲7七角と合わせると△同角成▲同銀で打ち込むスキがなくなり、馬をつくられるのをふせぐことができます。

つぎに下図。△8八飛と打ってきたところ。持ち駒がない場合は、▲7九金と寄ればあいての攻めを遅らせることができます。
持ち駒に銀がある場合は、もっとウマい手があります。

飛車とじこめ


上図では▲7八銀と打てば飛車が動けません。つぎに▲7九金で飛車がとれます。