3月21日(土)は、七中ブロックコミュニティークラブの「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加しました。

熱戦が多く、準決勝までしか終わりませんでした。したがい、優勝2名。
勝ったほうはつぎの対局に行ってもらって、負けたほうには私が付き合って感想戦を・・・とやっているうちに、私がトーナメント表の見方に錯覚をおこして時間管理まちがえました。スイマセン。

今日も、勉強になる詰み局面がありました。

まず、シンプルな3手詰めを見てください。よく初級者向けの問題で出される形です。

3手詰


答えは、▲9三金△同桂▲8一銀不成。これはみなさん、できますね。

さて、次の図が今日の実戦ででてきた形。下段飛車がよくきいていて、基本問題のようにはゆかない応用編。ただ、こちらの竜も4段目にきいていて、上にははいだせない形。

実戦詰み局面


先手の子は8級。ここで勝っているんですが、おしかった。
この場合は、▲9一銀成といきます。△同玉なら▲8二金打まで。△9三玉なら▲9二金で詰みとなります。

詰将棋の練習も、がんばってくださいね。