2月2日(月)は、17:30〜19:00の時間帯で2回目の将棋ウォーズ練習会を実施しました。

人数は、前回とさほど変わらなかったかもしれません。低学年の子たちが参加しやすくなる分増えるかと思ったのですが、逆に高学年の子たちの生活習慣では、この時間だと早すぎる子もいるみたいですね。高学年が減りました。したがい、力のある子はちょっと物足らなかったかもしれません。

また、たぶん人数が偶数になっていた時間が長かったのだろうと思うのですが、同じあいてとたてつづけにあたってしまうケースが多かったようです。
対局終了後にすぐ対局開始を押すと、いま対戦していた相手も同じことをやっていますので、全体が偶数の場合、またあたってしまいます。すこしずらすといった工夫が必要になりますね。

リアルタイムでは送れませんでしたが、なるべく公平に、みなさんに少なくとも2〜3局分のワンポイントアドバイスがゆきわたるようにメールいたしました。私にとってこの企画のメリットは、1局で二人にアドバイスできることです。同じ時間で倍の仕事ができる格好です。

また、教室のようにお喋りやお遊びにならないため、純粋に「将棋の練習」という点ではヘタをすると公民館教室よりちゃんと練習になっているかもしれない・・・と、思ったりもするけど実際はワカリマセン。

どうしましょう。小学生名人戦千葉県大会まであと3回(5日木・9日月・12日木)、やります?
こういうのって、肯定的な人はいろいろ言ってくれるんですが、否定的な人はなにも言ってくれないんですよね(笑)。
有料でもいいから続けて欲しいという声も複数あるのですが、有料にはしません。いくらにもならないし、会計のほうがメンドクサイです(笑)。元来不精者なもので。