「今日はこれくらいにしましょう」と言っておきながら、日付が変わったのでアップ(笑)。

続いては、奇襲対策B攻中飛車の振り飛車編。

まず、中飛車の子には「相手が銀を出してきたときはこちらも銀を出そう」と言ってあります。それで、即効つぶされることはないでしょう。

さて、ノーマル振り飛車編。下図が失敗例。けっこうよく見る。

速攻中飛車対策振り飛車編失敗図


角道を止めて、駒組みがすむまで中飛車で受けよっか(笑)。色々やってみたけど一番わかりやすい。
下図が参考図。初手から、△5二飛▲7六歩△5四歩▲6六歩△5五歩▲5八飛△4二銀▲7八銀△5三銀▲6七銀△5四銀▲4八玉△3四歩▲3八玉。

速攻中飛車対策振り飛車


上図からは、考え方は居飛車編と同じ。相手のねらいを先回りして受けながら▲7七角〜▲8六角〜▲7七桂の形をつくっておく。相手が攻めてきて駒が入ったら角のラインを生かして玉頭攻め。
囲いは美濃にするかどうか様子をみたほうがいいでしょうね。△3五歩〜△3二飛で3間飛車に変えてくる相手もいるので。


ついでに、ざ攬磴こ僉
これは、以前の記事で「筋違い角(前編)(振り飛車)」および「筋違い角(後編)(居飛車)」をご参照ください。
あなどれません。5級くらいの子だと、角のラインをフォローできずどうしても馬をつくられてしまうようです。