続いて、妙典祭りステージ「空も飛べるはず」GSG向け鍵盤ハーモニカのパート。

譜面書いたどぉー。上段がボーカルで下段が鍵盤ハーモニカです。手書きで見にくいでしょうが、何とかこれでたのんます。

鍵盤ハーモニカは現在1名ですが、出来れば2〜3名だと厚みがあってイイ。「これならアタシ弾ける」という子はぜひ参戦してください!

難易度としてはバイエル後半程度だと思います。
ですが、難しいのは演奏そのものではなく・・・

学校の校内音楽界なんかではみんなで並んですわり、鍵盤ハーモニカをひざの上などに置いて弾きますよね。
今回は大きな祭りのステージパフォーマンスですので、立って、音にノッて弾く。トランペットとかサキスフォンさながらに。「えーっ!?鍵盤ハーモニカって、こんなにカッコいい楽器だったんだ」って、みんなが驚くくらいでやりましょう。

下のサンデーサティーズの動画を参考にしてください(音は譜面とは多少違います)。場所が狭くあまり動けていませんが、もっと派手にやっちゃってよいです。私はマウスピースで吹いていますが、鍵盤があまり見えませんので、勝手が悪い場合はホースでもよいです。

片手で持つのが重たい場合は、すいません、保護者のみなさんどうにかして負担を軽くする細工を考えてあげてください(笑)。恐らくみなさんYamahaのピアニカだと思いますが、裏に手で持つときのバンドがありますので、そこに紐を通して首から吊るすとか、肩にかけるとか、胴に固定するとか・・・



空も飛べるはず鍵ハ1

空も飛べるはず鍵ハ2

空も飛べるはず鍵ハ3

空も飛べるはず鍵ハ4