奨励会試験、GSCは居ませんが今年は直接知っている子が何名かあり、注目していました。所定の成績をおさめられた(合格)子もそうでなかった子も居たのですが、まずはお疲れ様でした。十代前半で人生をかけて戦わなければならない職業はそうはないことでしょう。

合格者におめでとうは言いませんし、不合格者に残念だったねとも言いません。実際、何も言える立場ではありませんので。
道は分かれた。どちらの道がよいのかは、誰にもわからない。そんな風景を、ただ見ているだけです。

そして、これまでの日々に別れを告げてそれぞれの道を歩き出す若者たちを、「がんばって」と心の中で願いつつ、ただ見送るだけです。


・・・・・

てゆうか、おい、中学生は受験がんばって!
案外、そっちのほうが人生において急所になっちまうかもしれん・・・