8月16日(土)午前、行徳公民館第2和室にて行徳将棋クラブ活動。

行徳小1名、富美浜小2名、新浜小4名、新篤小1名、葛飾小1名、東小1名、北部小1名、美浜北小1名、常磐平第三小1名、下鎌田東小3名、葛西第二小1名、未就学2名、体験3名、計22名。

三枚堂達也四段に教えてただきました。とても親切で丁寧なご指導で、子供たちにとりありがたかったです。21歳という若さなので、「子供たちに歳が近いから気持ちがよくわかるのかもしれませんね」という保護者の方からの感想もありました。

三枚堂先生指導対局


子供が不利になり過ぎると少し前に戻し「ここでいい手があるから考えてみて」という風にして、最終的には子供に勝たせてあげるのが三枚堂先生のスタイルです。

たいへん申し訳なかったのですが時間が足りなそうだったので、途中から中級以上の子たちについては
「スイマセン、ボコボコに勝ってしまってよいですので早めていただいてポイントをひとつだけアドバイスください」
とご無理をお願いして、少しずつでもみなさんにお相手していただくようにさせていただきました。しかし、それでもなお子供たちの心に残るような優しい響きのアドバイスを与えてくださいました。

本日はたいへんお世話になりました。どうもありがとうございました。

三枚堂達也四段は各棋戦でご活躍中ですが、中でもこの秋に日本中の注目が集まるであろう対局があります。
アマ棋士の今泉健司さんのプロ編入試験5番勝負が9月後半よりはじまりまるのですが、その第3局の相手として三枚堂四段が登場します。5局のうち3局勝つと今泉さんは瀬川晶司五段以来のプロ試験合格者となりますので、前2局がどのような結果で進行したとしても、第3局は大注目となることでしょう。
この対局は「応援しましょう」と軽々しく言えないのが心苦しいですが、厳しい勝負の世界の出来事を固唾を呑んで見守りたいと思います。