会場7月25日(金)は、文部科学大臣杯小中学校団体戦の東日本大会でした。


平日ですが、せっかくの大舞台。午前中だけでも応援しようと、大手町サンケイプラザへ足を運びました。

大手町地下道の迷路を、あっち突き当り、こっち突き当り。


下鎌田東小学校チーム。GSCではおなじみの、雅都(まさと5年)・恵都(けいと3年)・尊都(たかと1年)の浦野3兄弟。

下鎌田東小

兄弟って、活発な子とおとなしい子、突っ走り系と慎重派など、性格がデコボコというのがよくあるパターン。ですが、浦野3兄弟はよくもまぁ元気のよい子ばかりそろったものです。家の中はどぅなっているんだろうかと、心配してしまうほど。

長男の雅都くんは実は林間学校の行事と日程が重なっていました。学校とご家族で話し合いを持たれた結果、林間学校に参加するが途中で帰京し東日本大会に出場するということに。前日の夜、日光へ車を走らせたお父さん。お疲れ様でした。

出場チーム数は32。8チームごとに4ブロックに分けられていました。3試合を行い、それぞれのブロックで3戦全勝の1チームが決勝トーナメントに進出。ベスト4が決定します。

1回戦を3−0で勝ち勢いづいた下鎌田東小でしたが、2回戦と3回戦は落とし、残念ながら決勝トーナメント進出はなりませんでした。
将棋のしっかりとした相手との対戦だけに、それぞれの課題が浮き彫りになり、とてもよい勉強になったと思います。

全体としては、やはり関東勢の強さが目立ったのではないかと思います。小学生の部で予選を抜けたのは、東京代表2校と神奈川代表2校でした。
千葉県の代表チームも、よくがんばっていました。たまたま今日の結果は上のようになりましたが、千葉が入っていてもおかしくない熱戦を繰り広げてくれていたと思います。

さあ、まだ夏休みも秋にも楽しみな大会があるので、がんばりましょう。そして来年、また来よう。
午前の部が終わったのを見届けて、会場を後にしました。

明日やろうと思っていたのですが、お母さんからのメールでお休みとのことだったのでブログにて。こうやって出されたらひと目ですよね(笑)。答えを書く必要もないでしょう。

3手詰