7月13日(日)は、新宿三井ビルにて行われたショウギナデシコ2014(女子3名の団体戦)の第一回大会に参加しました。

募集・参加は40チーム。チャンピオンズカップ(有段者)に8チーム、チャレンジカップ(級位者)に32チームのエントリーでした。

開会式


対局風景行徳将棋クラブからはGSG3(Gyotoku Shogi Girls)が参加。とてもよくがんばってくれました。

チャレンジカップの形式は、まず午前中に2試合が行われ、チーム勝ち点と個人勝ち点により順位付けがされ、上から10チームがAグループ、次の10チームがBグループ、そしてCグループ12チームとクラス分けがなされます。

この形式はスマートでよいと思いました。エントリーの時点で上級・中級・初級というようなクラス分けをしますと、団体戦の場合、例えば3級と8級の人が居るチームはどこにエントリーするのかという問題が生じますし、女性の場合は道場などに行かず級の設定が行われていない人も多いと思います。
入り口は「級位者」でひとまとめにして、対戦によってチーム力を判断しランク分けするこの方式ですと、さまざまな力のチームが楽しみをもって最後まで指すことができます。

GSG3は午前の2試合は1勝1敗の成績。Bグループに入りました。
胃袋が大きくおなかがすくと集中力が途切れるという体質の子がいて、12時少し前、2局目の中盤を指しているときにボロッと飛車をタダでとられた。シマッタ、この子には何か食べさせておくべきだったか。
「いかん、采配ミスだ」
午後の対局に向け、昼休みにコンビニおにぎりを買いに走る私。弁当を食べても3時くらいにはまたおなかがすくだろう。
「シャケと明太子はダメ。昆布がいい」
会場の三井ビルにあるミニストップでは売り切れ。隣のセンタービルのローソンへ。昆布、あった。

午後の1試合目(3試合目)は3−0で勝利。
女性の大会の面白いところは、対局が終わると互いに仲良くなって一緒に写真をとったり会話を楽しんだりというところ。GSGたちもみな賑やかで話し好き。対戦したチームの皆様には、たいへんお世話になりました。可愛がっていただきありがとうございました。

4局目がもうすぐという頃、メンバーの姿が見当たらない。あれ?どこに居るのキミたち。
この日の会場には、ねこまどの将棋グッズ・書籍はじめ、色とりどりのおいしそうなベーグル、棋士の写真、アクセサリーのお店などが出展していました。
お店巡りをしていた彼女たちは、そのうちのひとつ、岩手県の大槌復興刺し子のブースで足を止めていました。
てゆうか、お店のお兄さんとすっかり仲良くなってタメ口で冗談を言いながら将棋を指している・・・

「そろそろ準備して」
昆布のおにぎりを食べて、4試合目へ。

近年の女子将棋の盛り上がりの成果でしょう、アマチュア女性の平均的な棋力は確実に上がっていると感じます。ひと昔前なら「女性でこれだけ指せるなんて立派だなぁ」と驚いたであろうレベルの方々が、よくこれだけそろうものです。みなさん、強い。
2局終わって1−1。最後に残った対局は劣勢からもちなおし、難しい終盤。相手の方が詰まされたと勘違いし投了されたのでGSG勝ちになってしまったのですが、実は詰んでおらずまだまだだったようです。

この結果上位入賞が確定したのですが、Bグループで同じく午後2勝した広尾しょうぎ教室さんと、チーム勝ち点や個人勝ち点など全ての項目で同点で並びました。優勝の運命は、振り駒に託されましたが結果は・・・残念。でも、さっき運よく拾わせてもらったからね。準優勝でも大喜びしましょう。

閉会式の準備をスタッフがしている間、参加者たちは別室で矢内理絵子女流五段のミニ講演会を聞くことができました。子供たちにとっても有意義なお話しをいただき、ありがたかったです。またその後には、矢内女流五段が「将棋界のイケメンツートップ」と紹介して笑いを誘った中村太地六段と金井恒太五段が登場。ミニトークショーが行われました。
ちなみに帰りの電車の中で何が心に残ったか聞いたところ、
「扇子パチンのはなし」と「二歩のはなし」だそうです。そこかいっ!

表彰式。商品が豪華なことに驚かされました。チャンピオンズカップ優勝商品のリコーのデジカメに会場どよめき。

チャレンジカップBグループ準優勝の商品は、何と、さきほど仲良くなったお店が提供された大槌刺し子のブックカバーでした。縁があったのでしょうね。

そしてフィナーレは、入賞できなかった参加者たちのためのじゃんけん大会。対象者オールスタンディング。矢内女流五段、金井五段、中村六段が交代で音頭をとり「じゃんけんポン!」。負けた人は座ってゆきます。そして勝ち残った人に、サイン入り生写真などがプレゼントされました。会場が一体となり盛り上がりました。
GSGも参加したくて仕方なく身をよじっており(笑)、座ったままじゃんけんしていました。

表彰


表彰2刺し子

大槌ブースにて


GSG3メンバーは、大槌刺し子ブース前の上写真、左から矢部綾乃(やべあやの4年生)(副将)、奥春瑠(おくはるる5年生)(主将)、西岡栄美(にしおかはるみ2年生)(三将)でした。

メンバー全員笑顔で帰路につくことができました。大会事務局・スタッフそして参加者のみなさま、どうもありがとうございました。