5月25日(日)は、文部科学大臣杯小学校団体戦の西部地区予選に参加してまいりました。

行徳将棋クラブからは3校3チームが参加。葛飾小Bチームが第4位で県大会に出場を決めました。おめでとうございます!
メンバーの写真です。左から、田澤啓太くん、西田光希くん、清水晶斗くん。

葛飾B


主力の6年生が受験で参加できなかったのですが、全員4年生のお友だちでチームワークよく、みなさん生き生きとしていました。悔しい負け方をしたときに励ましあっている姿が印象的でした。
県大会もがんばって、良い経験をしてほしと思います。

他の参加校のみなさんも、よくがんばっていました。お疲れ様でした。
今回、参加数は少なかったのですが、本来この大会が意図するところの楽しみ・・・団体戦は何がおこるかわからないというよさは、過去いちばんあったと思います。負けてしまったチームも、「あと一回勝ちたかったなぁ。どうにかできなかったかなぁ」という悔しさを来年への夢にすることができたのではないかと思います。

3人の団体戦はほかにもありますので、年間通じて文科杯チームで戦うという方法もあるかもしれませんね。