第39回 小学生名人戦大掃除や新年の準備で大忙しのところと思いますが、小学生名人戦のご案内をしておきますので、5年生以下のみなさんは頭の隅に置きつつ年末年始をお過ごしください。

え? いったん忘れて年明けにまた思い出す? はい、それでもけっこうです(笑)。

千葉在住者はこちら(2月2日・日曜日)
江戸川区在住者はこちら(2月9日・日曜日)


さて、GSC千葉在住のみなさんに、ひとつご案内とお願いがあります。

今回、父母の方で大会進行のお手伝いいただける方を探しているのでご協力いただけたらありがたいとの連絡を、事務局より受けています。具体的には、手合係です。メイン担当として各クラスに経験者がひとりつきますので、その方の補佐というポジションになります。
願わくば、要領を覚えていただいて今後の大会でも手合い係をできるようになってくれることを希望されています。

ご検討いただけましたら、私としましてはとてもありがたいです。

みなさまも薄々お感じのことでしょうが、GSCは大会では常にアウェー的な立場にあります。
一例ですが、例えば3戦終わって同じ教室の仲の良い子が3連勝していたとします。他にも何人かが3連勝で、他教室の強いとわかっている子も居ればたまたま当たりがよかったらしい子も居る。そんな状況で、4戦目をどう当てるかが手合い係に一任されているとしたら、どうでしょう。

どうぞ、誤解しないでください。GSCがその理由で損をしてきたというのでは全くありません。
主旨としましては、大会の運営はとても大変なので、組み合わせについてみなさんから疑問・質問を受けた場合に、GSCはお手伝いしていない以上、明らかな不正でなければ事務局側にそれを問うことができかねるということです。

同じ星の子を上から順に当てるようになっていたのか?何局目からかシャッフルすることになっていたのか?それはどういう法則によるものか?みなさまにご質問された場合に常に「すいません、組み合わせについては事務局に一任とご理解ください」と、これまでお願いしています。
人を出せていれば、事前に組み方の説明を受けたのか、どういう仕組みになっていたのかを確認することくらいは出来ると思います。GSCにとって、より透明性が高くなります。

ご一考いただけますよう、どうぞよろしくお願いします。