御徒町将棋センターでの子供の対局から。

下図で手番が先手なのですが(右辺の歩の位置などはうろ覚えですが)、本譜は6三の桂は成桂でした。直前に▲6三桂成といってこれを手抜かれ、勝負形をつくられています。
後手の考え方としては、「どんな順でこられても最終的に9二に玉を逃げて▲8二金と打たせ△9三玉と上がった形は詰まない」という判断ですね。

「▲6三桂不成だったら詰めろかな?」とふと思ました。もちろんその場では読み切れていませんが(笑)。やってみましょうか。

詰めろか


上図から、▲7一角△同金▲同飛成△9二玉▲7二竜。このときに8二に何の合駒をしても同竜ととるのですが、桂馬だと最終的にバラして9三に玉を追い込んだときに▲8五桂と打てるのでわかりやすそう。
従い、△8二香▲同竜△同玉▲7一銀△9二玉▲9三香△同馬▲8二金△同馬▲同銀成△9三玉で下図。

変化図


▲7五角と打ってみましょうか。8四に合駒をさせてこれを▲同角ととる。
△8四桂はわかりやすい。
△8四香は・・・▲同角△同玉▲8五銀(△同玉なら▲7五金)△9三玉▲9四銀△同玉▲9五香。

いけそうな感じがしますね。間違っていたらスイマセン。


「詰んでもおかしくないな」と思えば相手は受けてくるでしょうけどね。だから、首をかしげながら自信なさそーに▲6三桂不成としないといけないですね(笑)。