矢倉戦先手で4六銀戦法をしようとするのだけど後手に棒銀で攻められるるほうが早くなってしまう・・・という子と、その対策のため数名で研究会。私も勉強になりました(笑)。資料を調べましたので、補足します。

下図は先手が▲3七桂と飛んだところ。

矢倉4六銀戦法


定跡では上図から後手は△7三桂(いずれ先手が角のラインを確定させるため▲6五歩と突いてくるのの備え)、あるいは△9四歩ということになっています。

ところが、小学生の大会では勢いで△9五銀と出てくる子が多いみたい(笑)。
これには、▲9六歩といったん追い返すのもアリのようですね。「矢倉囲いに端歩は突くな」が身についてしまっていることでしょうが、この場合は△8四銀と引かせて、△9四歩〜△9五歩まで2手ある。その間に何かすればいい。

上で述べましたが、どこかで▲6五歩を入れるべし。△7三桂とすでに飛んでいる形でも入れていい(△同桂は▲6六銀で桂が受からない)。
角の引き場所は、7三だと棒銀が立ち往生するので△4二角とこっちになるはず。それで、4六銀戦法の攻め筋が実行しやすくなります。

▲5八飛も覚えておきたい手筋。次の▲5五歩△同歩▲同銀を防ぐとすれば後手は△5二飛と回ってきますが、棒銀がいったんお休み。そこで▲1五歩〜▲3八飛と攻めの形をつくってゴー。


少しずつ相手の足をひっぱって遅らせる感覚ですね。自分のやりたいことを実現させるために、じっくりと周到に。