石田流三間飛車を使っている子たち、注目。

教室交流戦で、石田流の子が居飛車に△5四歩と突かれて苦戦した例がありました。使ってくる相手は少ないと思いますが、居飛車の有力な石田流対策なので、知っておいてください。

初手から、▲7六歩△3四歩▲7五歩△5四歩と進んで下図。
結論から言いますと、先手石田流でこの図なら▲6六歩と角道を止めてください。相手が飛車先を伸ばしてきても▲7八飛〜▲7六飛が間に合いますので、それが無難です。

石田流対策5四歩


以下、理由を簡単に。

▲7八飛と回ると△8八角成▲同銀△4五角と打ってきます。△5四歩が突いていない形なら▲7六角ですが、これがきかない。

△4五角に▲5三角からの馬のつくり合いは、後手歩得だし、その後の駒組みも先手のほうが苦労が絶えない。

△4五角に▲8五角が見えた子は素晴らしい。ですが、実は居飛車側の研究が進んでいます。以下、何と△8四歩!。▲6三角成△5二金右▲6四馬△6二飛▲4六馬△6七角成(下図)で、先手メンドクサイ。

石田流vs5四歩


次に△4九馬〜△6九飛成をくらったら終了なので▲6八歩と打たざるを得ないのですが、この順がわかっているならやる気しませんよね。
というワケでした。


では、後手番で石田流を使う場合は?
初手から、△3四歩▲7六歩△8四歩▲7五歩△5四歩には? 今度は▲6六歩と角道を止めると△8五歩から来られたときに▲7八飛〜▲7六飛が間に合わない。

この場合、▲6八飛といったん四間飛車にするのがオススメです。これでまずは△4五角の筋を消す。で、▲4八玉〜▲3八玉としてから▲7八飛と三間飛車にする。

5四歩対策


上図から居飛車がもし△6二銀〜△4二玉を入れるなら、△8五歩〜△8六歩と飛車先はそう簡単には切れません(飛車の横ぎきが止まるので▲2二角成△同銀▲7七角の筋がある)。従い、振り飛車は玉を3八まで移してから▲7八飛と振り直す方針で間に合います。

上図から居飛車がもし△8五歩〜△8六歩と飛車先を先にきたら?
これには、▲7八金〜▲8七歩と無難におさめておきましょう。以下、淡々と美濃囲いを組み、目指すは下図。居飛車が飛車先を切っているのを逆用し、飛車ぶっつけ作戦にいきます。

立石流


陣形の差で飛車交換は振り飛車有利になります。居飛車は△8四歩とあやまるしかないのですが、そこで▲7六飛と石田流の定位置に。

その後の方針も重要。8八の銀を、▲7九銀〜▲6八銀〜▲6七銀〜▲5八銀として美濃を固めて、あとは居飛車が何もやってこなければ▲7九金〜▲7八金を繰り返して千日手を狙います。先手番をとって先手で石田流をやりましょう(笑)。

居飛車がたまらず何やかんややってきたら、じっくり対応しましょう。低いスキのない陣形で待っておいて、カウンターを狙う方針です。

この戦術は「立石流四間飛車」と呼ばれている戦法の一部で、後手番でも石田流を使う子は知っておいて損はないです。も少し深くこの戦法のことを知りたい子は、言ってきてください。資料のコピーをお渡しします。