7月27日(土)午前、行徳公民館第2和室にて行徳将棋クラブ活動。

新浜小2名、南新浜3名、幸小1名、葛飾小2名、明海小1名、下鎌田東小2名、鎌田小1名、未就学1名、計13名。


研究会の最後の対局、宿題と言いましたが出血大サービス。


1.本譜の類似局面。下図は後手が△8七歩と打ったところ。本譜は▲5八飛と逃げましたが、▲8九飛がよいようです。

中飛車成功例1


上図から、▲8九飛△5七角▲7八金△7九角成▲同金△8八銀▲6五桂△8九銀成▲同金で、中飛車がうまくさばいている。以下、▲7七角を避けなければならないが、どこに逃げても居飛車は面倒を抱える・・・次回やりましょう。


2.△8七角型

下図は、△8六歩▲同歩に△8七角▲7八金△7六角成と進んだところ。

中飛車成功例2の1


上図から、▲8五歩△2二銀▲5五歩△同歩▲同飛△3三銀▲5四歩△4四銀▲5六飛△7五馬▲4六歩(▲4五歩△同銀▲5五飛ねらい)△5五歩▲6六飛と進んで下図。

中飛車成功例2の2


上図から、▲6五桂〜▲5三歩成をねらう。

(1) △6四歩なら▲8六角△7四馬▲6四飛△同馬▲同角。

(2) △6六同馬なら▲同歩△6四歩▲9八角△4二金▲6五歩。

(3) △6四馬なら▲9八角△5二金右▲6五桂△5四馬▲7三桂成。


なのだが、今日の対局は居飛車先手で△5二金が既に入っている形だったので、事情が違う。この8筋対応策は選ばないほうが無難かも。