前の2つの記事で課題となっている図の一歩手前が、下図。手番は後手。

実はこの局面は、先手▲3七銀戦法に対しどう迎え撃つか、後手側の作戦の岐路になっています。
下図から△4三金右と締まるのは、「▲3五歩こいっ!」と言っているワケです。

3七銀5



一方、△4三金右にかえて△6四角という手があり、これはプロの実戦例もすごく多い。

△6四角に対して、▲6五歩△4二角となった場合。
先手は、6五の歩を目標にされる展開はイケマセンので、玉はそのままで▲5五歩や▲3五歩といったところからドンドン仕掛ける展開になってゆきます。激しい戦いになります。

△6四角に対して、先手は▲6八角としてゆ〜っくり玉を8八まで囲って戦う戦い方もあります。その場合は後手も△4三金右から玉を2二まで囲います。その延長線上には、「森下システム」という学問体系があります。


ロードマップを頭に置いて、色々な道を試走してみましょう。