▲3七銀戦法のつづき。


▲3五歩に対し、「▲4六角ゆるさん」と△4五歩と突き出した局面が下図。

3七銀3



上図から・・・普通は▲3四歩ととりますよね。

これに対し後手は、△同金は疑問手。すかさず▲4八飛と回られ4筋の攻防になりますが、飛車のラインに玉が居るため王手を避けるため1手余分な手を指さなければならないハメになるキケン高し。1手の差が勝敗を分けます。

え? でも△同銀は▲3五歩で銀がピンチじゃん・・・はい、そこで△6四角というスゴイ手が。▲3四歩△3六歩▲4六銀△同歩▲同角△同角▲同歩△4七角▲7九玉△3七歩成▲同桂△3六角成 と進んで下図。後手指せる展開。

3七銀4



と、いうワケで最初の図では、先手は▲3四歩と取り込むのではなく▲4六歩と反発するほうが指しやすい。対して後手は△同歩ととる展開と△3五歩とこちらをとる展開があります。いずれにしても、タイミングをみて△6四角と出るのが常に有力な手段。


長い旅になりますなぁ(笑)。ひとつひとつ整理しながら、ボチボチいきますか。