4月13日(土)、行徳公民館第2和室にて行徳将棋クラブ活動。

福栄中1名、南行徳小4名、新浜小4名、南新浜小2名、塩焼小1名、富美浜小2名、北部小1名、葛飾小2名、下鎌田東小1名、高洲北小1名、葛西第2小1名、未就学1名、計21名。

船橋で行われている詰将棋選手権に出ている子も居るでしょうか。ガンバッて!


よく子供たちの相手をしてくださるお父さんが、少し前にちょっと変わった四間飛車を指していて、手将棋なのかなと思い局面を見つめていたのですが、見れば見るほど・・・「ムムムッ?意外と難しいぞこれ」
そこで、「変わった戦法ですねー。どこかで仕入れてきたのですか?」と質問したところ、今日それが載っている本を持ってきてくださいました。感謝!

ほぉぉぉ・・・ 「擬装宗歩四間」。

その本は、マイコミから1997年に出た「B級戦法の達人」。
中を見ると、今ではプロ棋戦でもすっかりおなじみになった引き角(「平美濃返し」として解説)や角交換振り飛車(「変幻飛車」として解説)なども掲載されています。歴史も感じられて、面白いです。