子供たちの戦形が多岐に渡っていて、フォローするのがタイヘン。

最近教室でよくあるのが、中飛車vs三間飛車。
先手中飛車に対しては三間飛車が有力作戦と言われますが、アマチュアの世界ではどっちということはないでしょう。

強い方にvsをお願いして私も勉強。あれっ?と課題になった序盤の形が下図1。

(図1)
中飛車1


図1は、▲6五銀に対して△4五歩と突かれたところ。

鈴木大介八段の著書に、形は違う局面なのですが「後手4三銀の形の場合は▲6五銀と出て銀交換を狙ってよし」と書いてあり、それが頭にあると▲6五銀と出ちゃいます。
本では△4五歩ではなく△5二金なので、すんなり▲5四歩△同歩▲同銀△同銀▲同飛△4三金▲5六飛で、次に▲2六飛などの狙いがあって中飛車よし。

でも、図1から▲5四歩は無理ですね。△8八角成に▲同飛△5四歩は何をやっているかわからないし、△8八角成に対して▲5三歩成としても△4四馬と引かれて続かない。


そこで、図1から▲5六銀と引いて、△4四銀と立たせてまた▲6五銀と出てはどうかと思ったのだが(図2)・・・

(図2)
中飛車2


図2から、△3六歩▲同歩△同飛▲3七歩△3五飛▲5四歩△4六歩・・・は、先手マズそう。と、いうことは▲3七歩なんて打っているヒマはない。歩を打たずに▲5四歩なら・・・△同歩に▲同銀でも▲同飛でも△5五歩と打ってくるか。無理して突っ込んだにしては、大した戦果はないかもしれない。


ということは、図3のように三間飛車で銀を早く繰り出してくる相手の場合、本に忠実に「4四歩型には▲6六銀」とやってしまうと、5筋の歩交換ができないので駒組みがとても窮屈になってしまう。

(図3)
中飛車3


では、図3から中飛車はどうすればいい?

一例ですが、もし9筋の歩が突きこせて▲9五歩型にできた場合には、▲5六銀と立って、阪口五段のワンパク流の形がワカリヤスイですね。

(ワンパク流)
ワンパク流


上図から、一本▲5四歩と突いてから(飛車の横利きを二重に止めておく)▲8五桂〜▲9三桂成〜▲9四歩の狙い。これがワカっていても受けづらい。

「じゃ、▲9六歩に△9四歩と突き返されたら?」
はい、今日はここまで。寝かせて(笑)。