日本将棋連盟会長、米長邦雄永世棋聖が亡くなられたとのことです。
(日本将棋連盟サイトの お知らせ

棋士としての功績はもちろん、子供たちへの将棋普及に並々ならぬ熱意を注がれた方でした。普及サミットで支部役員や指導員を前に熱心に語りかけるこの数年の姿が想いだされます。

「将棋の大会なんて自分が出ても負けてしまうから出ない」と子供たちがならないようにしたいと毎回話をされていました。そのこともあり、一人だけ強い子が居ても勝つことができない、小中学校対抗の団体戦にとても力を入れていらっしゃいました。「文部科学大臣杯」の称号をとりつけるのは大変だったとのこと。想像に難くありません。米長会長だからこそできた、力技だったことでしょう。

「30年後には、全国の全ての学校がこの文部科学大臣杯団体戦に参加する。そうなるようにしたい。そして皆さんと、『ようやく夢がかないましたね』と話をしたい」
現実的な年齢のことは別として、その気持ちは本物なのだろうと思いました。

謹んでご冥福をお祈りいたします。