詰将棋。下鎌田東小3年生の浦野雅都くんの作品です。5手詰め。
これも、素晴らしい教材ですね。まずは、解いてみてください。

5手詰めオリジナル






正解は、▲3二飛成△同歩▲3一金△同銀▲1一金まで5手詰め。



素晴らしいですね。穴熊から展開したことを連想させる図で、いい構図です。銀を引かせて角道を通すアイデアもGood! 5一の歩は、▲6一飛成が王手になる筋を避けるためとのこと。いいですね〜、そこまで練りましたか!

さて、せっかく良い作品なので、も少し欲張ってみましょう。

詰将棋作品としてなのですが、「玉側の応手によって詰み手順が複数になる」場合はOKです。
ただ、「詰ます側に複数ルートの詰ませ方がある」場合は、作品としてはややマイナスの印象になるかもしれません。

上図ですが、実は初手▲3二馬から詰ます順も存在します。△同歩に▲3一金△同玉▲4二金から。


そこで、作品を改良してみましょう。
まず、4一の馬をと金にします。これにより3二の金は飛車で取るしかなくなりますので、5一の歩を省いてスッキリさせましょう。下図。

5手詰め修正版



▲3二飛成△同歩▲3一金△同銀▲1一金までの5手詰めとなります。

2手目に△同玉なら、▲4二金△3一玉▲3一と△同銀▲1一金。この順は駒あまりなので、上記5手詰めが正解。
そして、この場合は「玉側の応手によって生じた」別の詰み筋なので、作品の質をおとしめるものではありません。


難しいですよね〜。小学生としてはスゴイことをやっていると思います。