12月15日(日)は、七中ブロックコミュニティークラブさん主催の「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加しました。
スイマセン、行くのがすっかり遅れてしまいました。トーナメント実施が遅れご迷惑おかけしました。申し訳ございません。

さて、トーナメントは今日も熱戦。浦安北部小の子がうれしい初優勝でした。粘りある受け将棋スタイルを築きあげつつあります。相手のミスを誘いそれを確実に咎(とが)める戦い方。詰将棋で終盤力をつけたら飛躍しそう。大会では上位にゆくほどチャンスは一瞬しかないので、それをつかみ取る一撃のパンチ力があれば、バッチリです。


GSG対決の好カードがあり、接戦のとても良い対局でした。下図は、終盤。
ここで先手表示の子は▲7五角。対して後手表示の子が△8四歩としたため、▲同竜から詰みとなりました。△8四歩ではなく△8四合駒だったら、勝負の行方はわかりませんでした。

先手表示の子は、どう指すのが正解だったでしょうか?

GSG対決


正解は、▲7一角。△9二玉に▲8二角成で詰みとなります。
飛車や角を離して打って成りで仕留めるテクニックは、覚えておくと使えることが多いですよ〜。