12月8日(土)、行徳公民館第2和室にて、行徳将棋クラブ活動。

南行徳小5名、南新浜小2名、塩焼小1名、新井小1名、浦安小1名、明海小1名、北部小1名、下鎌田東小2名、葛飾小2名、未就学2名、計18名。


土曜教室に来てくれる目的は、それぞれでよいと思います。
もちろん、上級者同士で切磋琢磨しているグループもあります。
一方、「週に一度将棋の友だちと楽しい時間を過ごしたい」ということでも良いです(さわぐのはダメ!)。
目的は何でもかまわないのでとにかく地域にひとつ、子供たちが将棋に触れることができる場をというのが当初の目的で、それは今も変わりません。

と、なぜそんなことを唐突に(苦笑)・・・

リラックスモードで通って来てくれる男の子たちは、熱心な女の子たちに負かされちゃうようになってきちゃってるんですよね〜。対局を嫌がる。いっぽう女の子にとっては、対局してくれる男の子はみな熱心な子なので強く、負けてばかりで辛い。
女子を感じさせないような相手なら気にならないかもしれないのですが、GSGは美人さんぞろいなので「女の子に負けた感」がいっそう強いかもしれません。


強制はできないですが、本音を言えばぜひ男の子には強くなってカッコつけてほしいですね。GSGは、男子と対等に指せるようになってガールズ大会でたくさん勝ってほしいです。

女子が多いと女子同士で何局もできますのでいいのですが、年末行事等で人数が減っているため、やや課題が見えた日でした。