昼間にTV東京で放映していた「ユナイテッド93」を録画したものを見ました。

改めて色々と、考えさせられます。


ラストシーンが、劇場公開版と違いました。劇場版では、コックピットでの格闘があり、地上がだんだん迫ってきて墜落の瞬間にバッと真っ黒・静寂になるエンディングでした。視界も、意識も、何もなくなる、死を感じさせる終わり方。
今回の放送では、テレビ向けに柔らかくしたのでしょうか、その衝撃的なカットはなく、墜落現場や残された家族の風景がしばし映し出され、勇気ある乗客とその家族に捧ぐとナレーションが入りました。