(その1より)

初手より▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩▲2五歩△5二飛▲7八金△6二玉▲4八銀△7二玉▲2四歩△同歩▲同飛(1図)


                   (1図) 
1図


ゴキゲン中飛車に対する居飛車7八金型はプロでもよく指される形ですね。勉強してるなぁと感心しちゃいます。通常は後手は玉を異動する前に△5五歩としますが、後手の子は5四歩のままにしました。

(1図より)△8八角成▲同銀△2二銀▲3四飛△2八歩(2図)

                   (2図) 
2図


さて、ここです。

居飛車7八金型の狙いは、△8八角成▲同銀△3三角の狙いを封じること。▲7八金と上がっていないと、8八の銀が浮いてしまっているので大変です。これで安心して、▲2四歩から飛車先の歩を切れる。その後、通常は1歩持ったことに満足して飛車を2八に引きます。あとはじっくり玉を囲い合って、1歩得が生きる展開に持ってゆくという構想。

ところが(笑)
先手の子は▲3四飛と横歩を勢いよく取りました。
後手の子は2八に、角のほうが迫力あったと思いますが、歩を打ってきます。

有力将棋教室の先生ですと、
「『横歩三年の患い』といってね。飛車で3四の歩を取ると2筋に傷が出来るからよくないことが多いよ。取ってよい時もあるが、注意しよう」
と、この局面は大きなポイントとして先手の子に指導されると思います。

ところが、先手の子がその後とても元気よく、私としては「ここはいっかぁ」と思っちゃうんですよねぇ(笑)。 

(その3に続く)